エレコム、VRモード搭載で“震える”ヘッドフォン/ヘッドセット5製品を7月下旬発売

Category: 新製品ニュース  07/26 /2016 (Tue)

エレコムは、スマートフォンを使ったVRコンテンツを楽しむためのヘッドフォン/ヘッドセット5製品を7月下旬より発売する。
概要は以下の通り。

震えるVRヘッドセット「HS-VRS01BK」
・VR体験に没入できるオーバーヘッドタイプのヘッドセット。
・価格は17,780円。
・バーチャルサラウンドと振動を伝えるバスバイブレーターによる「VRモード」スイッチを搭載。VRコンテンツの立体感と臨場感を体験できる。
・オフの時は通常のヘッドセットとして利用可能。
・40mm径のドライバーユニットを採用。
・VRグラスと干渉しにくい片出しケーブル設計。長さ調整対応のヘッドアームも搭載。
・ハウジングを上下に稼働するスイーベル機構やクッション付きのヘッドパッドの採用などで、長時間のVR利用に対応。
・VRモードの振動/低域強調のためにバッテリを本体に内蔵。
・ケーブル部には、ボイスチャットが可能なマイク付きのコントローラを備える。
・インピーダンスは32Ω。
・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。

「EHP-VROS310BK」
・音質を重視した50mmドライバーを搭載したヘッドセット。
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は4,980円前後。
・片出しケーブル設計と、0.6mのショートケーブルによりVR体験中も邪魔にならないよう配慮。
・ケーブル中程には、マイク付きコントローラをトコードはコントローラー付きマイクを装備。
・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。
・インピーダンスは32Ω。
・肌触りの良いPUレザー生地のイヤーパッドを採用。
・1.2mのケーブルも付属。
 
「HS-VRNB01シリーズ」
・ネックバンドタイプのヘッドセット。
・価格は3,530円。
・30mm径のダイナミック型ドライバを搭載。
・再生周波数帯域は20Hz~29kHz。
・雑音を防ぎクリアな音声を再現できるウイングスクリーン付きのマイクは、フレキシブルマイクアームにより最適な位置にマイクを配置可能。
・ケーブルには絡まりにくいファブリックコードを採用し、60cmの延長ケーブルも付属。

「EHP-VRCN310Mシリーズ」
・0.6mのショートケーブルのカナル型(耳栓型)イヤフォン。
・店頭予想価格は1,580円前後。
・10mm径のダイナミックドライバーを搭載。
・ケーブル中程のマイク部にはコントローラーも付属。
・1.2mのケーブルも付属。
・カラーはブラック、ブルー、ホワイトの3色。

「EHP-VRCA3540Rシリーズ」
・ケーブルを5段階の長さに調節できる巻取りタイプのカナル型イヤフォン。
・店頭予想価格は1,780円前後。
・巻取りリールにクリップを装備し、ポケットやシャツの襟などに装着できる。
・9mm径のドライバーを採用し、「高域から低域までバランスの良い聴きやすいサウンドを再現する」。
・カラーはブラック、ブルー、ホワイトの3色。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback