音質カスタムの「ALGIZ」などFischer Audioイヤフォン4製品を7月23日発売

Category: 新製品ニュース  07/21 /2016 (Thu)

桜木電子は、Fischer Audioブランドのカナル型(耳栓型)イヤフォン「KENNERTON」シリーズ4モデルを7月23日より発売する。
概要は以下の通り。

・ロシアのFischer Audio(フィッシャーオーディオ)によるKENNERTON(ケンネルトン)シリーズは、「サウンドデザイナーが限界に挑戦し作り上げた」製品をラインナップするプレミアムラインという位置付け。
・シリーズ名はドイツ語で工芸の玄人を意味する「Kenner」と音質を意味する「Tone」を組み合わせた。
・いずれもレザーのハードケースや、イヤーピースが付属。
・LAGUZ以外の3モデルは、ケーブルの着脱が可能。独自規格のコネクタを採用。

ALGIZ(アルジズ)
・価格はオープンプライス。店頭予想価格(税込)は56,000円前後。
・ゼロから設計したという10mm径のダイナミック型ユニットと金属製ハウジングを採用したカナル型イヤフォン。
・密度が異なる2種類のフィルタが付属し、低域強調または高域強調が選べる。
・再生周波数帯域は20Hz〜20kHz。
・感度は100dB。
・インピーダンスは100Ω。
・最大入力は50mW。
・ケーブル(1.4m)は着脱可能で、高純度無酸素銅のケーブルと、リモコンマイク付きエラストマーケーブルが付属。
・プラグはステレオミニ。

JIMO(ジモ)
・価格はオープンプライス。店頭予想価格(税込)は42,000円前後。
・ドライバの前方に中高域用の振動板(8mm径)、後方に低域用振動板(10mm径)を搭載し、低域を強化。
・振動や音の歪みを低減し、「ヘッドフォンに匹敵するクリアでパワフルな音質」を追求。
・ハウジングには航空機グレードのアルミを採用。
・再生周波数帯域は10Hz〜20kHz。
・感度は98dB。
・インピーダンスは32Ω。
・最大入力は98mW。
・ケーブルの長さは1.25m。
・プラグはステレオミニ。

IKIZ(イキズ)
・価格はオープンプライス。店頭予想価格(税込)は28,000円前後。
・中高域(6mm径)と低域用(10mm径)の同軸デュアルドライバによる、独自の構造を採用。
・「体に響く低音からクリアで空気のような軽い高音まで」再生できる。
・ハウジングは航空機グレードのアルミ。
・再生周波数帯域は20Hz〜20kHz。
・感度は103dB。
・インピーダンスは10Ω。
・最大入力は50mW。
・ケーブルの長さは1.3m。
・プラグは金メッキのステレオミニ。

LAGUZ(ラグズ)
・価格はオープンプライス。店頭予想価格(税込)は14,000円前後。
・8mm径のダイナミック型ユニットとアルミ製ハウジングを採用。
・振動板にマイラー素材を採用。
・再生周波数帯域は20Hz〜20kHz。
・感度は100dB。
・インピーダンスは16Ω。
・最大入力は50mW。
・無酸素銅のケーブル(1.2m)を備え、編み込みで耐久性を高め絡みにくい。
・プラグはステレオミニ。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback