64 AUDIO、聴覚保護もするユニバーサルイヤフォン「ADEL U」なぢ4モデルを7月23日発売

Category: 新製品ニュース  07/21 /2016 (Thu)

ミックスウェーブは、米64 AUDIOのユニバーサル型イヤフォン「ADEL Uシリーズ」4モデルを7月23日より発売する。
概要は以下の通り。

・「ADEL U12」、「U10」、「U8」、「U6」の4モデルを用意。
・頭文字のUがシリーズ名を、後ろの数字はバランスド・アーマチュア(BA)のドライバ数を表す。
・昨年から発売しているカスタムイヤフォン「ADEL Aシリーズ」のユニバーサルモデル。
・筐体デザインは4機種で同じ。
・ケーブルは着脱可能で、2ピン端子を採用。
・聴覚への障害リスクを最小限に抑えながら、より広いサウンドレンジで音楽リスニングを体験できるという「ADEL(Ambrose Diaphonic Ear Lens)」テクノロジーを採用。
・本体にADELフィルターと呼ばれるパーツを搭載しており、これを交換する事で、音の変化が楽しめるのも特徴。
・標準で「ADEL-S1 Auto Modules」が付属しており、フィルター単体でも販売。

フラッグシップ「U12」
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は217,600円前後。
・12個のバランスド・アーマチュア(BA)ドライバーを搭載したフラッグシップモデル。
・「非の打ち所がない空間表現(ダイナミックレンジの向上)」が特徴だという。
・ドライバ構成は、低域×4、中域×4、高域×4。
・3ウェイクロスオーバーを内蔵。
・周波数特性は10Hz~20kHz。
・感度は117dB/1mW。
・インピーダンスは16Ω。
・ケースやケーブル、クリーニングツール、シャツクリップなどが付属。

リファレンスモニター「U10」
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は190,500円前後。
・リファレンスモニターと位置づける、BA 10ドライバモデル。
・「ミュージシャンやスタジオ関係者だけでなく、耳の肥えたオーディオファンにも推奨できる」という。
・ドライバ構成は、低域×2、中域×4、高域×4。
・3ウェイクロスオーバーを内蔵。
・周波数特性は10Hz~20kHz。
・感度は117dB/1mW。
・インピーダンスは18Ω。
・ケースやケーブル、クリーニングツール、シャツクリップなどが付属。

ベーシスト、ドラマー、キーボーディスト向け「U8」
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は136,200円前後。
・8基のBAを搭載し、構成は、低域×4、中域×2、高域×2。
・3ウェイクロスオーバーを内蔵。
・ベーシストやドラマー、キーボーディストなど低域の量感が必要で、臨場感あるサウンドを求めている人向けに設計。
・周波数特性は10Hz~20kHz。
・感度は117dB/1mW。
・インピーダンスは18Ω。
・ケースやケーブル、クリーニングツール、シャツクリップなどが付属。

ツアーミュージシャンや教会音楽向け「U6」
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は122,600円前後。
・6個のBAを搭載し、ドライバ構成は、低域×2、中域×2、高域×2。
・3ウェイクロスオーバーを内蔵。
・ツアーミュージシャンや教会音楽向けに開発したというカスタムイヤフォン。
・周波数特性は10Hz~20kHz。
・感度は115dB/1mW。
・インピーダンスは22Ω。
・ケースやケーブル、クリーニングツール、シャツクリップなどが付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback