B&O PLAY初のBluetoothイヤフォン「H5」を7月下旬発売

Category: 新製品ニュース  07/05 /2016 (Tue)

Bang&Olufsenは5日、カジュアルブランドB&O PLAY初のBluetoothイヤフォン「H5」を発表した。
概要は以下の通り。

・7月下旬発売。
・価格は29,900円(税込)。
・スカンジナビアのデザイナー、ヤコブ・ワグナーがデザインを担当。
・防滴・防塵加工が施されている。
・ただし、スポーツ向けイヤフォンとして限定的な用途提案ではなく、「日常で使えるモデルとして提案している」という。

・首の後にまわせる長さのケーブルで左右のイヤフォンを接続したデザインで、ケーブル着脱はできない。
・カラーはブラック、ダスティローズの2色。
・イヤフォンのハウジングはテクスチャー素材のゴムとポリマーで作られており、汗や汚れから電子部品を保護。
・6.4mm径のダイナミック型ドライバを搭載。
・DSPも備え、「疲労感のないオールラウンドなサウンド」にチューニングされている。

・ハウジングには磁石を搭載しており、左右のイヤフォンを固定、ネックレスのようにする事もできる。
・ハウジングを合わせる事で、自動的に電源が切れ、電池の消耗を抑えられる。

・Bluetooth 4.2に準拠。
・コーデックはAAC、aptX、aptX LL(aptX Low Latency)に対応。

・対応するスマートフォンとワイヤレスで接続可能。
・Android、iPhone向けに「Beoplay App」というアプリも用意。
・プリセットイコライザを搭載し、音楽に合わせて音のカスタマイズが可能。
・ユーザーのプリセットを保存する事もできる。

・楽曲再生コントロールや、H5のバッテリ残量の確認も可能。
・ファームウェアアップデートにも利用できる。
・また、Apple Watch向けアプリも用意。腕時計から各種操作や確認が行なえる。

・ケーブルにはリモコンを装備。マイクも搭載。
・イヤフォンの内蔵バッテリは100mAhで、最大5時間のワイヤレス再生が可能。
・チャージングキューブと呼ばれる充電器を同梱しており、キューブの中にバッテリを搭載。
・マグネットでイヤフォンをキューブに固定し、約2時間でイヤフォンの充電が可能。
・キューブ自体の充電はUSB経由で行なう。キューブだけの個別販売も実施。

・イヤーピースはシリコンタイプに加え、Comply Sportのオープンセル構造フォームタイプも同梱。
・汗を防ぐSweatGuard膜も備える。
・イヤフォンの重量は18g。
・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。

スピーカーに関する部分は省略。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback