テスラ技術搭載イヤフォンが「AK T8iE MkII」に進化。海外での価格は999ドル

Category: 新製品ニュース  06/21 /2016 (Tue)

アユートは、Astell&Kernとbeyerdynamicがコラボしたイヤフォン「AK T8iE」の後継モデル「AK T8iE MkII」を発表した。
概要は以下の通り。

・詳しい価格や発売日は未定だが、海外での価格は999ドル。
・日本発売は7月頃の予定。
・昨年発売した「AK T8iE」に対して、ユーザーなどから寄せられた多くの意見を反映させ、進化したという後継モデル。
・具体的には、ユニットのボイスコイルを新型にしているほか、ケーブルもよりハイグレードなものに変更。
・MMCX端子もブラッシュアップ。

・ケーブルは着脱可能で、MKIIではケーブルをよりハイグレードなものに刷新。
・従来モデルと同様にMMCX端子を採用しているが、ゴールドメッキを施し、形状にも工夫をこらし、より確実な接続を実現。
・通常の 3.5mm/3極ケーブルに加え、2.5mm/4極バランスケーブルも同梱。
・イヤーシェイプ(耳甲介)型のハウジングデザインを採用する事で、耳に挿入しやすい。
・スムーズにフィットするよう最適化した、独自デザインのシリコンイヤーピースを5サイズ、さらにコンプライも3サイズ付属。

・再生周波数特性は8Hz~48kHz。
・インピーダンスは16Ω。
・許容入力は10mW。
・音圧レベルは109dB。
・ケーブルを省いた重量は7g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback