ラディウス、Lightning直結の192kHz/24bit対応のDAC内蔵ポタアン「AL-LCH81K」を6月25日発売

Category: 新製品ニュース  06/21 /2016 (Tue)

ラディウスは、iPhoneやiPadなどのLightningコネクタに接続し、最大192kHz/24bitまでのハイレゾデータを再生できる、DAC内蔵ポータブルヘッドフォンアンプ「AL-LCH81K」を6月25日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は27,000円前後(税込)。
・カラーはBlack。
・iOS機器のLightning端子と直結できるDAC内蔵ヘッドフォンアンプ。
・iPhone/iPad内の音楽をデジタルで伝送し高音質で再生。バスパワーで動作する。
・出力はステレオミニ。

・PCMデータの192kHz/24bitまでの処理が可能。
・iOS用のハイレゾ再生アプリ「NePLAYER」と組み合わせる事で、より使いやすくハイレゾ楽曲が楽しめるという。
・無料の「NePLAYER Lite」と合わせてのハイレゾ再生も可能。

・DACは旭化成の「AK4430」を採用。
・新開発のアドバンスド・マルチビット方式を採用したDACで、SN比が格段に向上。

・バスパワー駆動ながら、最大出力130mW×2ch(16Ω)も実現。
・周波数特性は20Hz~20kHz(0dB~-0.5dB)、20Hz~90kHz(0dB~-3.0dB)。
・SN比は106dB以上(@JIS-A)。
・対応インピーダンスは16Ω~300Ω。

・音質劣化の要因となる出力コンデンサを省き、アンプを駆動する電源を内部で生成するOCL構造を採用。
・「ノイズの低減や、低音域を損なわずヘッドフォンを高音質かつパワフルに駆動できる」という。
・リモコン機能も備えており、再生、一時停止、音量調節、曲送り、曲戻しなども可能。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback