中国のカスタムIEM大手のqdcが日本上陸。3モデルを6月17日発売

Category: 新製品ニュース  06/20 /2016 (Mon)

ミックスウェーブは、中国の深センに本拠を置くカスタムイヤフォンメーカー・Shenzhen Qili Audio Application(qdc)の国内正規総輸入代理店として、日本国内製品取扱を開始する。第1弾は「8CS」、「8CH」、「8CL」の3モデルで、6月17日発売する。
概要は以下の通り

・いずれも8基のバランスドアーマチュアユニットを搭載。
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は各196,760円前後。
・販売代理店はフジヤエービックと☆イヤホン。
・中国のプロフェッショナル・オーディオ市場では、ステージモニター用のカスタムイヤフォンとして70%のシェアを獲得しているメーカー。

・第1弾の3機種「8CS」、「8CH」、「8CL」は、全て8基のBAユニットを搭載。
・構成も、低域用×2、中域用×2、高域用×4で共通。
・用途に合わせてチューニングが異なっている。

・「8CS」は“Studio Series”として、 レコーディングエンジニアやプロデューサーなどプロフェッショナルの現場で使用を想定。
・「8CH」は“HiFi Series”として、コンシューマ向けにリスニング用途として開発。
・「8CL」は“Live Series”として、ライブパフォーマンスやライブレコーディング/ミキシングなど、 プロフェッショナルの現場で使用を想定。

・スペックは全モデル共通。
・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。
・入力感度は112dB @ 1mW
・インピーダンスは22Ω。
・ケーブルは独自の2ピン端子で着脱が可能で、長さは約122cm。入力端子はステレオミニ。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback