ADV.SOUND M4の試聴レビュー

Category: イヤホンレビュー  06/19 /2016 (Sun)

クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で資金を募集している、ADV.SOUND社製イヤホン「M4」を試聴しましたので簡単に紹介します



・こちらで募集しています。
・レビュー掲載時点で募集期間は残り9日。
・東急プラザ銀座7階で試聴可能。「銀座ソニービル」の信号反対側にある建物。宝くじで有名な「宝くじ西銀座チャンスセンター」の近く。
・販売予定価格は5,980円。クラウドファンディングで購入した人は4,980円以下で購入可能。
・NY在住の音楽マニアな3人による、2015年9月に米国のクラウドファンディングプロジェクトから生まれたブランド。

スペックなど
・イヤホン部はアルミ削り出しで、軽量で耐久性のあるデザインに仕上げ。
・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。
・出力音圧レベルは92dB(+/-3dB at 1kHz)。
・インピーダンスは16Ω(+/-15%)。
・イヤーチップはCOMPLY製。シリコン製のダブルフランジ、ブラックシリコン、ホワイトシリコンのS、M、Lのサイズも同梱。
・キャリングポーチ、コードクリップも付属。
・ケーブル長は約1.3m。編込みタイプを採用し、絡みにくく耐久性も高い。
・マイク内蔵のリモコンも装備。
・プラグは3.5mmステレオミニ。
・現時点で家電量販店や小売店にて販売する予定はない。
・カスタムチューニングを施したシングルダイナミックドライバーを搭載。

販売サイトにおける音の傾向の紹介
・中音域を強調したサウンドが特徴のイヤホン。
・ボーカルや楽器の音が中心の楽曲に適しており、ハイエンドイヤホンのような原音に近い音を目指した。

私の感想
・とにかく本体が軽い。
・販売サイトにおける紹介の通り、中音域重視のいわゆるカマボコバランス。
・かなりスッキリとしたクリアな音色が印象的。
・高音域も割と量が出るが、低音域は控えめ。
・音色や音質も割と良い印象。
・一方で、イヤーチップがコンプライで試聴したのにこのバランス。
・シリコン製イヤーチップで屋外使用した場合、低音が聞こえるかは不透明。
・「iPod touch第6世代」と「PCM-D100」で試聴した限り、「iPod touch第6世代」の方が低音の量感が控えめに。
・駆動力そのものはそこまで必要としないが、ポタアンや駆動力のあるDAPでは音が変わりやすいかも。
・通常の装着方法といわゆるシュア掛けの両方が可能であるが、シュア掛けをするとリモコンマイクが近すぎるかも。
・ケーブルはしっかり編み込まれており、確かに絡みづらい。
・ケースはセミハードケースであるが、これは100円ショップCAN DOで販売されている物にロゴを印刷した物で間違いなさそう。

画像(クリックで大きな画像が表示されます)
ADVSOUND M4-1

ADVSOUND M4-2

ADVSOUND M4-3

ADVSOUND M4-4


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback