オーテク、ダイナミック型を対向配置したハイレゾイヤフォン「ATH-CKR100/90/70」を6月17日発売

Category: 新製品ニュース  05/30 /2016 (Mon)

オーディオテクニカは、“原音再生”、“高解像度”、“高レスポンス”をコンセプトとした「Sound Reality series」のイヤフォン3機種を6月17日に発売する。
概要は以下の通り。

共通
・全モデルハイレゾ対応。
 
「ATH-CKR100/90」
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は「ATH-CKR100」が4万円前後、「ATH-CKR90」が2万円前後。
・上位モデルの「ATH-CKR100」と「ATH-CKR90」は、DUAL PHASE PUSH-PULL DRIVERS機構を採用。
・2基のダイナミック型ドライバを、向かい合わせに配置した。
・片方のドライバには逆位相の信号を入力する事で、互いに逆の動き方をする。
・上位の「ATH-CKR100」では、効率良く磁気を伝達する純鉄ヨーク採用の13mm径ドライバーを2基採用。
・「ATH-CKR90」は、13mm径と10.4mm径の、サイズの異なるドライバを対向配置。
・ハウジングは、「ATH-CKR100」が高剛性チタンを、「ATH-CKR90」は精密切削アルミニウムを採用。
・どちらもケーブル着脱が可能で、コネクタはA2DC(Audio Designed Detachable Coaxial)を採用。
・ケーブルの長さは1.2m。「ATH-CKR100」のケーブルは、L/Rチャンネル独立のスターカッド撚り線で、ノイズの少ない伝送が可能。
・出力音圧レベルは「ATH-CKR100」が110dB/mW、「ATH-CKR90」が109dB/mW。
・再生周波数帯域は「ATH-CKR100」が5Hz~45kHz、「ATH-CKR90」が5Hz~42kHz。
・最大入力は200mW、インピーダンスは12Ωで共通。
・重さは「ATH-CKR100」が約14g、「ATH-CKR90」が約11g。
・イヤピースはXS/S/M/Lサイズを同梱。


「ATH-CKR70」
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は1万円前後。
・「ATH-CKR70」のみカラーバリエーションとして、グラファイトブラック、エメラルドブルー、シャンパンゴールド、ピンクゴールド、ブリリアントレッドを用意。
・ドライバは11.8mm径1基。
・「ミクロンオーダーによる新設計ドライバで高精度な振動板の前後直進運動を実現し、ハイレゾ音源まで高解像度再生」する。
・出力音圧レベルは108dB/mW。
・再生周波数帯域は5Hz~40kHHz。
・最大入力は200mW。
・インピーダンスは19Ω。
・軽量かつ強靭なアルミニウムハウジングで不要共振を低減。
・ケーブルは着脱できず、長さは1.2m。
・ケーブルを省いた重量は約8g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback