AKとJH Audioコラボのイヤフォン「ROSIE」を5月27日発売。約14万円のエントリー機

Category: 新製品ニュース  05/20 /2016 (Fri)

アユートは、Astell&KernとJerry HarveyAudioがコラボレーションしたイヤフォン新モデル「ROSIE(ロージー)」を5月27日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、直販価格は139,980円(税込)。
・Astell&KernとJH Audioのパートナーシップ契約により生まれた「THE SIREN シリーズ」ユニバーサルタイプ・インイヤーモニターのエントリーモデル。
・低域/中域/高域に各2基、計6基のバランスド・アーマチュア(BA)ドライバを搭載。
・メタルボディや新ドライバを採用した新世代機種。

・ベゼルを含むボディ全体にアルミを採用。高い剛性により低域のレスポンスを高めている。
・フェイスプレートにはカーボンを使用する。

・上位モデルのLaylaやAngieと同様に、新設計のカスタムBAドライバを搭載。
・歪みを抑えて伸びのある高域用ドライバと、10Hz~5kHzまでは完全なフラットという中域用ドライバ、急峻な減衰特性を持つ24dB/octのローパスフィルタで事実上歪みの無い設計とした低域用ドライバを備える。

・多数のドライバ構成での時間軸と各帯域の位相を制御する独自の「FreqPhaseテクノロジー」を搭載。
・ステンレススチール製のチューブ型ウェーブガイドが各ドライバの信号を0.01ミリ秒以内に確実に到達させる。

・ケーブルには低域調整機能「Variable BASS output Adjustable Cable」を搭載。ユーザー自身で低域(10~100Hz)の調整が行なえる。
・調整範囲は、0~+15dBで、低域を一番下げた状態で完全なフラットになるように設計。

・ケーブルは着脱式で、端子は独自の4pinアルミニウムコネクタ。
・安全で強固な接続を実現し、汗やホコリからも守る。
・米国ハイエンドオーディオケーブルブランド「MOON AUDIO」製のイヤフォンケーブルを採用。
・3.5mm/3極プラグと、2.5mm/4極のAKバランス用ケーブルの2タイプが付属。

・周波数特性は10Hz~23kHz。
・感度は117dB/1mW。
・インピーダンスは17Ω。
・オレンジのアルミニウム製キャリングケースや、ラバーイヤーピース(S/M/L)、フォームイヤーピース(S/M/L)、スクリュードライバー(低域調整用)、クリーナーブラシなどが付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback