Fender、ハイブリッド型イヤフォン「FXA7」など日本発売

Category: 新製品ニュース  04/27 /2016 (Wed)

完実電気は、ギターで有名なアメリカの楽器メーカーFender(フェンダー)と正規輸入代理店契約を締結し、5月下旬~6月より、ユニバーサルタイプのイヤフォン(インイヤーモニター/IEM)の取り扱いを開始する。
概要は以下の通り。

・Fenderが2015年に買収したIEMメーカーAurisonicsの技術やノウハウを活かしたイヤフォン。
・BA×2+ダイナミック型の「FXA7」など5モデルを順次発売する。
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は12,000円~62,800円前後
・DXA1を除く5モデルは、3Dプリンタで作られた新デザインのボディシェルを採用。
・「ユニバーサルタイプでは体験できなかったフィット感で使用できる」という。
・上位モデルではバランスド・アーマチュア(BA)ユニットとダイナミックをハイブリッド化。
・クロスオーバなしで自然で聴きやすくディテールと透明感あるサウンドを実現。

FXA7
・店頭予想価格は62,800円。
・ダイナミック型ドライバ×1と、バランスド・アーマチュア(BA)ドライバ×2を組み合わせたハイブリッド型。
・Fender IEMフラッグシップモデル。
・カラーはGOLDとBLACKの2色。
・シェルは3Dプリントハイブリッド技術で制作。
・ユニバーサルタイプでは体験できなかったフィット感で使用できる。
・薄型のシェルと耳にフィットするイヤーチップにより高い遮音性能を実現する。
・再生周波数帯域は6Hz~24kHz。
・感度(1kHz)は110dB。
・ノイズ減衰量は22dB。
・インピーダンスは16Ω。
・MMCX端子を備え、ケーブル交換も可能。
・ケーブル長は約1.3m。


FXA6
・店頭予想価格は49,800円。
・ダイナミック型ドライバ×1と、バランスド・アーマチュア(BA)ドライバ×1を組み合わせたハイブリッド型イヤフォン。
・カラーはREDとBLACKの2色。
・「ハイブリッド型でありながら、音像に揺らぎのない定位感」が特徴。
・「プロフェッショナルなエンジニアのモニタリングに最適」としている。
・シェルは3Dプリントデジタルハイブリッド技術で製作。
・再生周波数帯域は6Hz~22kHz。
・感度(1kHz)は109dB。
・ノイズ減衰量は22dB。
・インピーダンスは16Ω。
・MMCX端子を備え、ケーブル交換も可能。
・ケーブル長は約1.3m。

FXA5
・店頭予想価格は37,800円。
・低域用と高域用の2基のBAドライバーを搭載したイヤフォン。
・BA型ならではの精密かつ鮮明、透明感のあるサウンドが楽しめる。
・シェルは3Dプリントデジタルハイブリッド技術で製作。
・再生周波数帯域は19Hz~21kHz。
・感度(1kHz)は120dB。
・ノイズ減衰量は22dB。
・インピーダンスは36Ω。
・MMCX端子を備え、ケーブル交換が可能。
・ケーブル長は約1.3m。

FXA2
・店頭予想価格は24,800円。
・9.25mmのレアアース採用ダイナミックドライバーと、Bass Tuned Portによるパワフルな低域と滑らかで自然な高域が特徴というダイナミック型イヤフォン。
・カラーはBLUEとBLACK。
・シェルは3Dプリントデジタルハイブリッド技術で製作。
・再生周波数帯域は6Hz~23kHz。
・感度(1kHz)は112dB。
・ノイズ減衰量は22dB。
・インピーダンスは16Ω。
・MMCX端子を備え、ケーブル交換が可能。
・ケーブル長は約1.3m。

DXA1
・店頭予想価格は12,000円。
・カスタムメイドの8.5mmチタン製マイクロドライバーを採用した、ダイナミック型イヤフォン。
・全周波数帯域にわたり高解像度で、小型・軽量化により、プロのモニタリングだけでなく、ポータブルプレーヤーでの再生にも最適。
・カラーはCHARCOAL。
・再生周波数帯域は14Hz~22kHz。
・感度(1kHz)は116dB。
・ノイズ減衰量は18dB。
・インピーダンスは16Ω。
・MMCX端子を備え、ケーブル交換が可能。
・ケーブル長は約1.3m。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback