【インタビュー記事】ヘッドホンのバランス端子がついに統一? JEITAが規格化「5極φ4.4mmプラグ」の詳細を聞く

Category: 新製品ニュース  04/25 /2016 (Mon)

ファイルウェブに題名通りの記事が掲載されていますので紹介します。

ポータブル機器のバランス接続は知っている限りで

・「ステレオミニプラグ×2本」:SONY PHA-3
・「2.5mmモノラルプラグ×2本」:Ratocのポタアン
・「角型4ピン(いわゆるアイリス端子):パイオニア、ALO等のポタアン
・「2.5mm4極プラグ」:AK100ⅡシリーズのDAP、Lotoo PAW5000等
・「3.5mm4極プラグ」:HiFiMANのDAP
・「丸形5ピン」:Bispaのポタアン

があります。これらを統一するべく現れた「5極の4.4mmプラグ」。
ただ、小型でバランス接続を搭載するDAPに使われるかは未知数です。

ちなみに、「SONY」と「HiFiMAN」は3.5mmプラグのバランス接続ですが、他のメーカーは「誤ってアンバランス接続ヘッドホンを接続しないように」と3.5mmプラグを嫌っている感があります。

記事はこちら。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback