カナルワークス、カスタムイヤフォン最上位など5機種を4月29日から受注開始

Category: 新製品ニュース  04/15 /2016 (Fri)

カナルワークスは、カスタムイヤフォンの新モデルとして、3ウェイ6ドライバを3モデル、3ウェイ5ドライバを2モデル追加する。
概要は以下の通り。

共通
・型番にPSTS(Personal Sound Tuning System)がつくモデルは、音質をユーザーが調整できるモデル。

「CW-L52」 「CW-L52PSTS」
・価格はオープンプライスで、直販価格は「CW-L52」が125,000円、「CW-L52PSTS」が136,000円。
・ドライバ構成はいずれも3ウェイ6ドライバ (高域×2/中域×2/低域×2)。
・新たなリファレンスモデル。「今まで以上にニュートラルでワイドレンジに仕上げた。音の粒立ちが良く、見通しの良い音像がコンテンツ制作者の意図を余すことなく伝える」という。
・「CW-L52PSTS」はオプションで音質調整用の抵抗がハウジングの外に露出しており、低域の量感や中域のボーカル張り出しを調整可能。
・「CW-L52」は、「CW-L52PSTS」の標準セッティングの抵抗値が内蔵されたモデル。


「CW-L33LV」
・価格はオープンプライスで、直販価格は110,000円。
・ドライバ構成は3ウェイ5ドライバ (高域×1/中域×2/低域×2)。
・「ライブの迫力ある臨場感をモバイルで楽しめるようにする」をコンセプトに開発。
・EDMなどのダンスミュージック向けに販売している「CW-L33BB」と同様に、迫力ある重低音を得る為に独自開発の高次音響フィルタを搭載。
・「CW-L33LV」では、「POPやROCKなどCW-L33BBよりもマッチするジャンルの幅が広がるようチューニングを見直した」という。


「CW-L52Ba」
・価格はオープンプライスで、直販価格は125,000円。
・メーカー直販のみ。
・ドライバ構成は3ウェイ6ドライバ (高域×2/中域×2/低域×2)。
・「ベーシストがステージモニタとして使いやすい様に開発した」というモデル。
・ベースの音程が取りやすく、ベース帯域に近いボーカルのカブリを極力抑えた。
・他の楽器のコード感がよくわかり、アンサンブルしやすいモデルに仕上げ。
・開発にあたっては、ベーシスト高水健司氏が協力。
・「CW-L52」の開発と並行して開発用試聴機を提供し、ベーシスト専用に改めてチューニングした。


「CW-L33Dr」
・価格はオープンプライスで、直販価格は110,000円。
・メーカー直販のみ。
・ドライバ構成は3ウェイ5ドライバ (高域×1/中域×2/低域×2)。
・「ドラマーがステージモニタとして使いやすい」よう開発されたモデル。
・バスドラのダイナミック且つ締まりのある鳴り方、音の分離の良さを念頭に開発。
・開発には、ドラマーの早川誠一郎氏が協力。
・高次音響フィルタを搭載した重低音再生モデル「CW-L33BB」をベースに開発用試聴機を提供し、ドラマー専用に改めてチューニング。
・また、「耳へのやさしさ」にも配慮。「仕事で使う上で長時間聴いても疲れない、音量を控えめで聴いてもリズムが取りやすいモデル」としている。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback