サトレックス、3,700円からのハイレゾイヤフォン「Tubomi」シリーズを4月29日発売

Category: 新製品ニュース  04/13 /2016 (Wed)

サトレックスは、ハイレゾ対応のカナル型イヤフォン「Tubomi」シリーズ2機種を4月29日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はブラックカラーで樹脂製の「DH298-A1」が3,700円、アルミハウジングでシルバーカラーの「DH299-A1」が9,200円。
・サトレックスはホシデンの子会社。
・新製品の「Tubomi」シリーズは、9mm径のダイナミック型ユニットを搭載したイヤフォン。
・再生周波数帯域20Hz~45kHzでハイレゾ対応ながらリーズナブルな価格を実現。
・2モデルでハウジングの素材が異なり、DH298-A1は樹脂製。DH299-A1はアルミ削り出し。それ以外の主な仕様は共通。
・どちらも日本製。
・音圧感度は104dB/mW。
・最大入力は100mW。
・インピーダンスは32Ω。
・ケーブルの長さは約1.2m。
・ケーブルやプラグを含めた重量は10g。
・入力プラグはステレオミニで、金メッキ仕上げされたストレート型。
・イヤーピースはXS/S/M/Lを同梱。

ヘッドフォン「DH291-A1」に新色
・「DH291-A1 Hi-Res HEADPHONE」に、新色Camelliaが追加される。
・密閉型のヘッドフォンでドライバは40mm径。
・ネオジウムマグネットを磁気回路に使っており、高出力音圧・高レスポンスを実現。
・CCAWボイスコイルにより、高域のレスポンスも向上。
・再生周波数帯域は5Hz~45kHzでハイレゾ対応。
・インピーダンスは32Ω。
・最大入力は500mW。
・ケーブルは1.5mで、入力プラグは3極ステレオミニのストレート。
・170gと軽量で、装着感にもこだわった。
・イヤーパッドの材質や形状も追求。
・日本製となる。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback