Androidスマホと直結、旭化成DAC搭載ハイレゾ対応アンプ「EHP-AHR192」を4月中旬発売

Category: 新製品ニュース  04/05 /2016 (Tue)

エレコムは、Androidスマートフォンと接続し、ハイレゾ再生が可能なDAC内蔵のポータブルヘッドフォンアンプ「EHP-AHR192」を4月中旬に発売する。
概要は以下の通り。

・価格は19,260円。
・イヤフォンも付属した「EHP-CHR192」も29,540円でラインナップ。
・どちらのモデルもカラーはゴールドとシルバーを用意。

・本体からmicroUSBのケーブルが伸びているポータブルアンプ。
・USB OTGに対応したAndroid 4.3以降の端末と接続でき、ハイレゾ楽曲をUSB経由で伝送、内蔵のDACでアナログ変換し、高音質なサウンドが楽しめるという。
・USB経由でのバスパワーで動作。

・出力はステレオミニ端子で、ユーザーが任意のイヤフォンを接続可能。
・「EHP-CHR192」には、本体と同色のハイレゾ対応イヤフォンが付属。

・DACには、旭化成エレクトロニクス製「AK4430ET」を採用。192kHz/24bitまでのデータに対応。
・最大出力45mW×2ch(16Ω)のデジタルアンプも搭載。
・ヘッドフォンとの組み合わせも想定。

・専用再生ソフトは用意しておらず、別途ハイレゾ再生用アプリが必要。
・再生可能なファイル形式はアプリに依存。

・大型ボタンを備え、音量調整、再生/停止、曲送り/戻し操作も可能。
・背面に回転可能なクリップも装備。
・消費電力は最大100mA/5V。

・外形寸法は36×11.4×45mm(幅×奥行き×高さ)。
・重量は約40g。
・ケーブルの長さは約60cm。

・「EHP-CHR192」に付属するイヤフォンはカナル型で、12.5mm径のダイナミック型ユニットを搭載。
・インピーダンスは16Ω。
・音圧感度は100dB/1mW。

・再生周波数帯域は5Hz~40kHz。
・ケーブルは60cm。
・入力プラグはステレオミニ。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback