オンキヨー、桐素材スピーカーとヘッドフォンを開発。和楽器の響きを再現

Category: 新製品ニュース  02/05 /2016 (Fri)

オンキヨーは、桐素材と彫り構造を応用したスピーカーシステムとヘッドフォンを開発した。
概要は以下の通り。

・2016年下半期から同社ブランドでの販売や、OEM生産などの展開を予定。
・「和楽器の心地良い響き」に着目して、その音響技術を、スピーカーやヘッドフォンに応用。
・琵琶や箏で使用される“桐”素材を採用する。
・音の響きを良くするために楽器本体に施される“彫り”構造を、スピーカーボックスやヘッドフォンカバーで採用。
・振動板にはセルロースナノファイバー(CNF)を採用し、自然で豊かな響きを実現。

・スピーカーでは、スピーカーボックスの材料に桐を採用。
・木材の中でも軽量かつ音響変換効率に優れているため、心地よい響きを実現。
・さらに、側板に「網状鱗彫り」加工を施すことで、特に低音の響きが豊かになる。
・ボックス内部の反射コントロールのため、吸音材に中広域吸音特性に優れたシルクを採用。

・ユニットは、木材を原料とする繊維素材をナノレベルに細かくし、鉄の1/5の質量で5倍の強度を実現したCNFをウーファ振動板に採用。
・桐のスピーカーボックスの響きを活かすために、和紙の原料となる楮(こうぞ)を加え、音質を調整。

・ヘッドフォンも、ヘッドフォンカバーに桐を採用。
・内部には、綾杉彫り加工を採用し、美しい響きを実現する。
・ドライバーはヘッドフォンでは初の100%CNF振動板を採用し、情報量の向上やヌケの良い高域再生に対応。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback