雑談 昨年購入したもの+少し感想

Category: 日記・雑談  01/17 /2016 (Sun)

昨年購入したものの紹介と少々の感想です



まずは去年購入した物の一覧(69個)です。
下の方が最近購入した物です。見ての通り、買いすぎです。
最近は中古品の中でも、ビンテージ品を多く購入するようになりました。

・nuforce HP-800
・AcrosAUDIO AVC-EP01
・audio-technica ATH-CKR9LTD
・JVCケンウッド  HA-FXT200LTD
・moxpad MO-X6
・ZERO AUDIO ZH-DX200-CT
・Skullcandy 50/50
・Philips SHE9712
・FOSTEX TE-02WP
・audio-technica ATH-CHX7is
・東和電子 音茶楽xOlasonic TH-F4N
・baking s5
・FURUTECH ADL H118
・DENON AH-MM400
・Ultrasone IQ Pro
・ninewave NW-STUDIO PRO
・JAPAEAR JE-333
・iriver ICP-AT500
・audio technica ATH-BKS77iS
・KEF M200
・音茶楽 Flat4-粋(SUI)
・須山歯研 FitEar Parterre
・JVCケンウッド HP-SX505
・JBL BASSLINE
・audio technica ATH-ESW9LTD
・Atomic Floyd HiDefDrum + Remote
・audio technica ATH-OX7AMP
・HiFiMAN HE-6
・MEElectronics M6 Pro
・audio-technica ATH-CKR10
・DUNU-TOPSOUND DN-2000J
・radius HP-NHR21
・VSONIC GR07 Classic
・機種不明ヘッドホン
・KOSS KMO15g
・ELEGA DR-209CⅡ
・YAMAHA HP-2
・SENNHEISER HD500 Fusion
・Marshall MODE EQ
・CARDAS AUDIO EM5813 MODEL1
・AEDLE VK-1
・DUNU TITAN 5
・ファイナル自作イベントイヤホン(ステンレス・BAドライバ)
・GRADO GH1
・SONY MDR-1RMk2
・INNODESIGN INNOWAVE
・JVCケンウッド HP-DA21
・ULTRASONE GO
・ONKYO ES-FC300
・SENNHEISER HD600
・Dynamic Motion DM030
・ヤマダ電機オリジナルイヤホン HerbRelax YEP-IEA6
・上海問屋 DN-12833
・SENNHEISER HD222
・SONY DR-5A
・Maxell Pro Studio HP6000
・audio-technica ATH-W1000Z
・EVA AIR THUNDER
・audio-technica ATH-CKB50
・docomo select ハイレゾイヤホン/amadanaコラボモデル
・Ultimate Ears UE900s
・AKG N60NC
・ELECOM EHP-R/OH2000
・SONY MDR-Z600
・AIWA HP-X201
・SONY MDR-Z400
・Panasonic RP-HD5
・ULTRASONE Edition5 Unlimited
・audio-technica TH-11AV


まだ、聞き込んでいない機種も多いですが紹介します。


① 買って良かった機種

audio-technica ATH-CKR9LTD
・柔らかい音ながら解像感も良い。
・「ATH-CKR9」と「ATH-CKR10」の両方の良い点を受け継ぐ機種。

ZERO AUDIO ZH-DX200-CT
・3,000円前後のイヤホン代表格。
・硬い音色でフラット傾向。

Philips SHE9712
・3,000円前後のイヤホン代表格。
・やや音漏れは多めだが、そのぶん空間表現が良い。

東和電子 音茶楽xOlasonic TH-F4N
・本来は4万円以上するイヤホン。ソフマップなら2万円前半で投げ売り中。
・かなり刺激的な音色。

DENON AH-MM400
・DENON現行機種を代表するウッドハウジングヘッドホン。
・安いと3万円以下。
・リケーブルも簡単。片側4極接続でバランス接続もできるらしい。

音茶楽 Flat4-粋(SUI)
・基本的に同社の様々な機種の傾向と似ている。
・高音域の伸びや派手さは比較的抑えられている印象。ある意味、一番まとまっている機種かも。

須山歯研 FitEar Parterre
・中~高音域の表現は相当な物。J-POP向きだと思う。
・同社のユニバーサルモデルで一番好みかも。

audio technica ATH-ESW9LTD
・同社の限定生産ヘッドホン。
・個人的には「ATH-ESW11LTD」以上、「ATH-ESW10JPN」以下と言ったところ。

Atomic Floyd HiDefDrum + Remote
・強烈なドンシャリ機種。
・音漏れさえ無ければ常用したいレベル。

HiFiMAN HE-6
・性能面では最高レベルだが、音量の取りにくさ、駆動のしづらさも最高レベル。

MEElectronics M6 Pro
・見た目はSE215っぽい。
・個人的にはSE215を上回る機種。
・リケーブル可能だが端子が特殊で互換性は無い。

DUNU-TOPSOUND DN-2000J
・同社の「DN-2000」の軽量化を図ったマイナーチェンジモデル。
・音的には「DN-2000」とは完全に真逆の存在。
・「DN-2000」と「DN-2000J」の両方が好きと言う人は少ない。

radius HP-NHR21
・いわゆるハイレゾ対応イヤホン。
・比較的性能は高く、面白い機種。

VSONIC GR07 Classic
・ここ最近の機種とは違い、比較的マイルド。
・マイナーチェンジを繰り返す機種だが、またマイナーチェンジするのだろうか。

YAMAHA HP-2
・本当に40年前のヘッドホンか?という音質の良さ。
・デザインも面白い。
・音量が取りにくく、駆動しづらいのでアンプの性能を確かめるにも良い機種。

Marshall MODE EQ
・バランスが取れており、落ち着きのある音色。
・イコライザは少し低音が増すオマケ。

ファイナル自作イベントイヤホン(ステンレス・BAドライバ)
・19,800円なら十分な性能。
・音色をカスタマイズできるのも特徴。
・同社のFI-BA-SSを意識した機種。

GRADO GH1
・GRADO社近くの木を伐採する事になり、その木を使っている。
・日本では22台限定。
・同社の様々なヘッドホンとは音色や音量のとりやすさも違う。

SONY MDR-1RMk2
・ジャンク市で購入。
・ジャンクのはずだが新品にしか見えない。

ULTRASONE GO
・2万円以内のオンイヤーヘッドホンで有力候補の一つ。
・ヘッドバンドが短めなので要試着。

SENNHEISER HD600
・日本の保証書が無いとの理由で非常に安かった中古ヘッドホン。
・HD580と同じドライバらしいが、ハウジングの違いなどで音は違う模様。
・海外では現行機種。

audio-technica ATH-W1000Z
・中古で非常に安かった機種。
・限定品では無い。

audio-technica ATH-CKB50
・ハードオフで安かった箱付き中古品。
・下位機種であるこの機種の方が、上位機種より良い気がする。

docomo select ハイレゾイヤホン/amadanaコラボモデル
・ドコモショップだけで購入できるイヤホン。
・ハイレゾ対応で最安値の5,292円という価格。
・元気のある音色で中音域が前に出てくる。個人的オススメのイヤホン。

Ultimate Ears UE900s
・ようやく購入したイヤホン。
・相変わらず付属ケーブルがおもちゃ性能なのでリケーブル検討中。

SONY MDR-Z600
・中古で安かったヘッドホン。
・イヤーパッドがボロボロなので調達検討中。

AIWA HP-X201
・動作確認済みのジャンクヘッドホン。
・イヤーパッドが外せない仕様かも。

SONY MDR-Z400
・デッドストックを思わせるジャンク品。
・「MDR-ZX300/300IP用交換イヤパッド」と互換性あり。

Panasonic RP-HD5
・Panasonicのハイレゾ対応ヘッドホン。
・1万円程度で十分な性能。
・ポーチなどの付属品は一切ない。

ULTRASONE Edition5 Unlimited
・通常価格は30万円以上するが、B級品なので20万円以下。
・我が家で一番高いヘッドホンとなった。



② イマイチだった機種

audio-technica ATH-CHX7is
・カナルと開放型の中間という事でギミックは面白い。
・音質面は残念。

KOSS KMO15g
・音量の取りにくさだけは立派。
・音質面はやや残念。

SONY DR-5A
・SONYの中でも非常に古いヘッドホンの一つで、さすがに音質は悪い。
・コレクターズアイテムとしては優秀?


③ 影は薄いが、個人的には良いと思う機種、意外な性能を持つ機種

nuforce HP-800
・かなり影の薄い大型ヘッドホン。
・性能もまぁまぁでリケーブルもステレオミニなので簡単。

AcrosAUDIO AVC-EP01
・こちらは販売店が少ない機種。
・Android、iPhone両方で使えるリモコン搭載。
・音質も中々良い。
・デザインは何かに似ているが気にしない。

moxpad MO-X6
・MMCXコネクタ採用で4,500円前後と言う価格。
・ケーブルを交換すると音質が良くなる。付属品はイマイチ。

Ultrasone IQ Pro
・プロからの要望で音色を変更。より普通な音色に。
・IQにはあったMMCXコネクタをあえて廃止。これもプロからの要望。

JAPAEAR JE-333
・ドンシャリシャリという音色の機種。
・某OEMという噂は本当か。

audio technica ATH-BKS77iS
・中身は同社の「ATH-IM70」と同じ。
・ケーブルはスマホ対応ケーブルに、色はブラックに変更。

KEF M200
・耳にさえ入れば音質は良い。
・ただし、単4電池が耳に入らない人は使えないと思われる。

audio technica ATH-OX7AMP
・どのメーカーでもあまり売れ行きの良くないヘッドホンアンプを内蔵する機種。
・ボリュームコントロールがあるので、DAPのラインアウト端子に直接接続しても使える。

ELEGA DR-209CⅡ
・ほとんどが金属製で非常に頑丈。
・布巻ケーブルと言う点も良い。

SENNHEISER HD500 Fusion
・これもかなり古い機種。
・2.5mmステレオマイクロプラグのリケーブルも可能。
・「HD650」の下位機種を思わせる音色。

CARDAS AUDIO EM5813 MODEL1
・合う曲には合う、合わない曲には全く合わない。極端な性能。
・ケーブルメーカーだけあり、ケーブルには相当のこだわりがある。

AEDLE VK-1
・音はまぁまぁであるが、デザインは現行機種で最高レベル。
・ステレオミニのリケーブルが可能だが、接続ジャック部分が非常に細く、色々試した結果では純正品以外は利用できない。

DUNU TITAN 5
・音は中々良いが、やはりMMCXコネクタを搭載するのが特徴。
・TITAN 1の方が良いとの話も聞く。

INNODESIGN INNOWAVE
・デザインを最重視したヘッドホン。
・意外とフラット系で音質も悪く無さそう。
・某イヤホンヘッドホン専門店では15,000円近くするが、ヤマダ電機では5,000円くらいで購入できる。

JVCケンウッド HP-DA21
・まだビクターと名乗っていた時代のヘッドホン。
・当時の下位機種だが性能は悪く無さそう。
・SHURE SRH840のイヤーパッドと互換性あり。

ONKYO ES-FC300
・最近流行のMMCXコネクタを採用する機種の先駆けとなったヘッドホン。
・上位機種との違いはケーブルと色だけ。

Dynamic Motion DM030
・日本の輸入代理店では取り扱っていない機種。
・少し低音よりだがバランスは悪くない。

ヤマダ電機オリジナルイヤホン HerbRelax YEP-IEA6
・ヤマダ電機だけで販売する低価格イヤホン。
・非常に低音よりなので低音好きの方はどうぞ。1,003円で買えます。

上海問屋 DN-12833
・この価格にしてデュアルダイナミックドライバ。
・以前は黒色だけ高かったが、現在は全色同価格となっている。
・色と言い、形と言い、某機種に似ている。

SENNHEISER HD222
・ゼンハイザーの機種としては古い。
・開放型用チューニングのドライバなのに密閉型にしている印象がある。

Maxell Pro Studio HP6000
・ヨーロッパのみで展開する機種。
・5mケーブルでプロ用を名乗るのにボリュームコントロールがあるなど日本では見られない仕様。

EVA AIR THUNDER
・知人から譲っていただいた機種。
・もとは航空機用ノイズキャンリングヘッドホンだが、専用電源のため大幅に改造し、通常のヘッドホンになっている。
・装着感や造りはかなり良い。

AKG N60NC
・AKG最新のノイズキャンセリングヘッドホン。
・ノイズキャンセリング機能の有無による音質差が非常に少ない。

ELECOM EHP-R/OH2000
・日本製のLCPフィルム振動板を採用したヘッドホン。
・LCPフィルム振動板とは液晶ポリマードライバのこと。つまり・・・。
・側圧がやや緩め。

audio-technica TH-11AV
・1990年前半の古いヘッドホン。
・ケーブルが長く、バスや航空機用のヘッドホンとしても使われていた様子。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback