Philips、Bluetoothヘッドフォン4機種を11月中旬発売

Category: 新製品ニュース  11/12 /2015 (Thu)

オンキヨー&パイオニア イノベーションズは、フィリップスブランドのBluetoothヘッドフォン/イヤフォン4製品を11月中旬に発売する。
概要は以下の通り。

共通
・いずれのモデルも、繊細な音質を聞き分けるというサウンドエンジニア“ゴールデンイヤー”が、開発初期段階から音の最終審査まで一貫して関わり、「原音に忠実な臨場感あふれるサウンド作りを行なっている」という。

ヘッドフォン「SHB3185」
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は10,800円前後。
・NFCに対応したBluetoothヘッドフォン。
・カラーはブラックのみ。
・対応プロファイルは、A2DP、AVRCP、HFP、HSPをサポート。
・ドライバは32mm径。
・クリアでパワフルな低音が再生できる。
・再生周波数帯域は10Hz~22kHz。
・インピーダンスは24Ω。
・感度は106dB。
・ハウジングにコントロール機能を搭載。
・音楽の再生や一時停止、スマートフォンと連携した通話の切り替え、音量調整などを直感的に操作できる。
・イヤーパッドのクッションは軟らかく通気性があるものを選んでおり、長時間のリスニングも快適に行なえる。
・ハウジングは折りたたみ可能。
・バッテリによる音楽再生時間は約11時間、通話時間は約9時間。待受時間は約200時間。
・重量は146g。

イヤフォン「TX2BT/SHB5900」
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は「TX2BT」が15,800円前後、「SHB5900」が12,800円前後。
・「TX2BT」は、ネオジウムマグネットを採用した大口径13.5mmドライバを搭載。
・「SHB5900」は、8.6mm径ドライバを搭載。
・「TX2BT」のカラーはブラックとホワイト。
・「SHB5900」のカラーグリーン、ホワイト、ブラック。
・どちらもNFCをサポートする。
・2機種に共通する特徴は、Bluetoothを使った「MusicChain」機能。
・同機能を備えた他のヘッドフォンと音楽を共有して楽しめる。
・対応プロファイルは、A2DP、AVRCP、HFP、HSPをサポート。
・人間工学に基づいたオーバルサウンドチューブも採用。
・「確実で快適なフィット感を実現した」という。
・イヤーピースはS/M/Lの3サイズ。
・マイク付きのコントロールユニットも装備。
・再生/一時停止や通話などの操作に加え、ハンズフリー通話もできる。
・バッテリによる音楽再生時間は約5.5時間、通話時間は約6時間。待ち受け時間は約150時間。
・再生周波数帯域は、「TX2BT」が6Hz~22kHz、「SHB5900」が10Hz~22kHz。
・インピーダンスは、「TX2BT」が32Ω、「SHB5900」が16Ω。
・感度は、「TX2BT」が108dB、「SHB5900」が107dB。
・重量は「TX2BT」が15.4gと「SHB5900」が11.6g。

スポーツ向けの「SHQ8300」
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は13,800円前後。
・スポーツシリーズ“ActionFit(アクションフィット)”のBluetoothイヤフォン。
・IPX2準拠の防滴性能を備え、汗や水に強く、軽いエクササイズから本格的なスポーツまで対応。
・オープン型であるため、周囲の音を遮らず、安心してスポーツができる。
・カラーはブラックとホワイト。ホワイトのみ12月中旬発売。
・NFCに対応。
・対応プロファイルは、A2DP、AVRCP、HFP、HSPをサポート。
・ユニットはネオジウムマグネットを採用した13.6mm径。
・MusicChain機能も備える。
・イヤーピースはS、M、Lサイズを同梱。
・イヤーハンガーも同梱し、耳掛けスタイルで装着する事もできる。
・バッテリによる音楽再生時間は約5.5時間、通話時間は約6時間。待ち受け時間は約150時間。
・再生周波数帯域は15~22kHz。
・インピーダンスは32Ω。
・感度は107dB。
・重量は42g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback