iPodで使うイヤホンとかヘッドホンのblog

マイクロソリューション EMP2のレビュー

ビックカメラ川崎店にて9,980円にてブラックを購入。 ビックカメラ川崎店にて9,980円にてブラックを購入。


主な特徴
・色は「ブラック」「ホワイト」の2色。
・コードは0.5m。u字型コードで、ストレートプラグ。タッチノイズはカナル型イヤホンとしてはやや少ない。
・ケースが付属している。化粧箱のようなケースでやや大きめ。
・イヤーチップはS、M、Lサイズが2セットずつ付属。
・イヤーチップはやや硬め。私はLサイズを使用。意外にMサイズは使いづらかった。
・音漏れは少ない部類。音漏れしそうな穴も本体には無い。
・遮音性は国産カナル型イヤホンと同程度。
・音場感はかなり広め。特に上下方向に広い。
・音量は取りやすい。iPodなら最大音量の5割~6割で十分。
・デザインはよいと思う。

音質、音域のバランス
・音質は価格なり。
・音域のバランスはドンシャリ型。
・高音域はややシャリ付くが良く響いている。やや量が多い。サ行も少し痛い(ビットレート次第か)。
・中音域は他の音域には負けているが必要量は出ている。
・低音域は特に重低音が出ている。篭ってはいない(と私は思っている)。やや量が多い。
・確かにエージングすると変わる機種。特に中音域は最初のうち埋もれていたが、今は埋もれていない。
・1万円以下で、この機種が1番良いと言う人の気持ちも分かる。
・「Metro.fi 2」はやや低音域よりで普通なイヤホン、「AURVANA」はフラットで繊細なイヤホン、「EMP2」はドンシャリ型で迫力のあるイヤホンと言える。
・男性ボーカルより女性ボーカル向け。

音質☆☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆


オススメ度☆☆☆☆★
・ドンシャリ型イヤホン好きな人にオススメ。
・音漏れ、音量の取りやすさなど、ポータブル機で使うのに問題はほとんど無い。
・聞いていて楽しいですが、やや疲れるかも。
・やや入手しづらいのは難点。

スペック
・入力感度:104dB/mW
・周波数特性:8Hz~23kHz
・インピーダンス:16Ω
・ケーブル:約0.5m(u字型コード・ストレートプラグ)、延長コード0.7m
・重 量 約60g(ケーブル、コネクタ含む)
・付属品:延長ケーブル x 1、シリコンイヤーピース L、M、S x 2セット(4個ずつ)、ケース
EMP2

メーカーサイトはこちら
☆印の評価についてはこちらで説明します。