米MrSpeakers、追従性が高い振動板の平面駆動型ヘッドフォン「ETHER」「ETHER C」を10月24日発売

Category: 新製品ニュース  10/23 /2015 (Fri)

エミライは、米国のヘッドフォンメーカー・MrSpeakersの取り扱いを開始した。第1弾モデルとして、平面駆動型で開放型の「ETHER」(MRS-ET-C013-1)、密閉型の「ETHER C」(MRS-EC-C013-1)を10月24日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格は各248,400円。
・ETHERシリーズの特徴は、新規設計の特許技術を用いた「V-Planar振動板」を搭載している事。
・振動板にアコーディオンのひだの部分のように、意図的に皺をつけ、追従性、柔軟性が高い状態にする事で、振動板の非線形歪を減少させた。
・これにより、信号が入力されると、「ピーク・ディップが十分に深いストロークをもって表現され、それでいて物理的な構造は維持されたまま動作する」という。
・この特許技術は、'97年にBruce Thigpen氏が特許を取得したローレット加工の技術をベースとしており、MrSpkearsとBruce Thigpen氏は共同でV-Planarローレット技術の特許を保有している。

・ヘッドフォン自体を軽量化するため、ヘッドバンドにはニッケル・チタン合金「NiTiol(ニチノール)」を採用。
・軽量かつフレキシブルな素材で、「最小限の側圧で目覚ましい装着性をもたらす」という。
・イヤーパッドはフラットタイプで、ラムスキンレザーを使っている。
・密閉型モデル「ETHER C」のハウジングには、カーボンファイバーを使用。3Dプリンタを駆使して作られている。

・重量はETHERが375g、ETHER Cが394g。
・能率はどちらのモデルも96dB/mW、インピーダンスも23Ωで共通。
・ケーブルは着脱可能で、標準プラグで1.8mのケーブルが付属。
・別売オプションとして3mのケーブルや、1.8mのステレオミニ、4ピンのXLRケーブル(1.8m/3m)も用意。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback