オーテク、ダイナミック型ユニットを対向配置したSOLID BASS新イヤフォン「ATH-CKS1100」を10月23日発売

Category: 新製品ニュース  10/08 /2015 (Thu)

オーディオテクニカは、SOLID BASSシリーズのイヤフォン新モデルとして、ダイナミック型ユニットを2基、向かい合せに配置した「ATH-CKS1100」を10月23日に発売する。
概要は以下の通り。

・ハイレゾ再生対応モデルで、価格はオープンプライス。店頭予想価格は25,000円前後。
・12.5mm径のダイナミック型ユニットを2基搭載。
・向かい合わせに設置する「DUAL PHASE PUSH-PULL DRIVERS」を搭載。
・2つのマグネットで磁力を飛躍的に高め、重厚な低域を再生できる。
・2つの振動板が同調したリニアドライブ(前後直進運動)を行なうことで、相互変調を極限まで抑制。精彩で歪のない再生ができる。
・前方の振動板には、ダイヤモンドに匹敵するという硬度を持ち、高域特性を向上させる「ダイヤモンドライクカーボン」(DLC)コーティングを施している。
・それぞれのドライバの特性に応じた位置に、2つの空気孔を配置。
・筐体内部の空気のバネ性をコントロールする、デュアルエアフローベース・ベンディングシステムも採用。
・筐体は無垢アルミニウムを切削加工したもので、共振を抑制。
・ケーブルは着脱式で、A2DC(Audio Designed Detachable Coaxial)というオーディオ向け専用設計を採用。
・見た目はMMCXのように見えるが、互換性はないオリジナルの端子。
・ケーブルはL・R独立のスタッカード撚線を採用し、長さは1.2m。
・出力音圧レベルは110dB/mW。
・再生周波数帯域は5Hz~40kHz。
・インピーダンスは12Ω。
・ケーブルを除く重量は約14g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback