JVC初、ハイレゾ対応オーバヘッド型ヘッドフォン「SIGNA」2機種をを9月中旬発売

Category: 新製品ニュース  09/10 /2015 (Thu)

JVCケンウッドは、JVCブランド初のハイレゾ対応オーバヘッド型ヘッドフォン「SIGNA(シグナ) 01」(HA-SS01)、「SIGNA 02」(HA-SS02)を9月中旬に発売する。
概要は以下の通り。

・価格は「SIGNA(シグナ) 01(HA-SS01)」が45,000円前後、「SIGNA 02(HA-SS02)」が30,000円前後。
・シリーズ名の「SIGNA」は、ラテン語で「旗印」、「基準」という意味。

・どちらも密閉型で、軽量で高強度な新開発のハイレゾ対応PEN振動板を採用
・。再生周波数帯域は8Hz~52kHzで共通。

・ハウジングの内部に、中高域用のインナーハウジングを備えているのが特徴。
・ハウジングの素材は、グラスファイバーを配合した高強度ポリアミド樹脂。ハイレゾ対応ユニットの表現力を引き出せるという。
・JVCではこのハウジングを「シーケンシャル・ツイン・エンクロージャ」と名付けている。

・「SIGNA 01(HA-SS01)」と「SIGNA 02」の大きな違いは、ユニット前後のマグネット構造。
・「SIGNA 01(HA-SS01)」は、ユニットの背後に2枚のマグネットリングを配置、その後にユニットフレームが入り、さらにもう1枚マグネットリングを搭載している。
・「SIGNA 02」には、ユニットフレームの後のリングが無い。
・つまり、「SIGNA 01」は「トリプルマグネット」、「SIGNA 02」は「ダブルマグネット」構造となる。

・複数のマグネットリングを組み合わせる事で、必要な部分の磁力を高めているのが特徴。
・これにより、「SIGNA 01」では「音の輪郭を細部まで再現」でき、「SIGNA 02」では「キレの良いサウンドを実現」するという。

・「SIGNA 01」のみの特徴として、バッフル面にアンチバイブレーションリングも搭載。
・バッフルの不要な振動を抑制し、ドライバの能力をロス無く引き出せる。

・どちらのモデルにも、ユニットのセンタープラグの背後に「クリアサウンドプラグ」というネジのようなギザギザを備えたパーツを搭載。
・ユニット背面の空気の動きをコントロールするためのもので、低域をパワフルに再生する際はこのプラグが空気穴を適度に塞ぐ栓のような役目をし、繊細な高域を再生する際は空気を背後へとスムーズに流し、ユニットが動きやすくなる。

・ケーブルは着脱式。
・プラグをハウジングに接続する部分には、プラグとの接触を安定させ、不要な歪を最小化する「アンチバイブレーションジャック」が用いられている。
・ケーブルは片出しだが、L/Rのグランドを分離した接続に対応。
・付属のケーブルは、ヘッドフォン側が4極のステレオミニ、入力側が3極のステレオミニでグランド分離接続用のケーブルではない。
・ケーブルの長さは1.2m。
・対応するプレーヤーやポータブルアンプと組み合わせる事で、グランド分離接続や、バランス駆動が可能。
・グランド分離&バランス駆動用のケーブルを、JVCからオプションとして販売する事も検討している。

・2機種でイヤーパッドやヘッドバンド部分の素材や仕上げが異なる。
・「SIGNA 01」は、ハイレゾ仕様のコンフォータブルイヤーパッドと、ソフトPUレザーを使用。
・「SIGNA 02」は、ハイレゾ仕様のイヤーパッドで、PUレザーを使用。

・デザイン面では、「SIGNA 01」はハウジングまわりにゴールド、「SIGNA 02」はシルバーのラインを、プラグの付け根部分もそれぞれゴールドとブラックになっている。
・「SIGNA 02」のみ、ハンガー部分がシルバーで、「SIGNA 01」はブラック。

・出力音圧レベルは「SIGNA 01」が99dB/1mW、「SIGNA 02」が98dB/1mW。
・インピーダンスは56Ω、最大許容入力は1,000mWで共通。
・ケーブルを省いた重量は「SIGNA 01」が約245g、「SIGNA 02」が約220g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback