audio technica ATH-ESW9LTDのレビュー

Category: ヘッドホンレビュー  09/06 /2015 (Sun)

じゃんぱらにて27,800円で購入。中古品です。


主な特徴
・全世界3,000台限定生産。日本向け販売台数は1,500台程度。すでに生産終了。
・色は「木目」のみ。
・ケーブルは着脱出来ない。
・ケーブルは両出し。長さは1.2mでストレートケーブル。かなり細め。プラグはL字型のステレオミニプラグ。
・ケーブルの色は黒色。癖は付きにくい。
・タッチノイズはほぼ無い。
・本体は折りたたみ可能。ハウジングが90度回転するスイーベル機構を搭載。
・デザインは良い。木材のため一つずつ微妙にデザインが違う。表面はツルツルしているが漆塗りでは無い。
・耳への装着はオンイヤー(耳乗せ)。
・装着感はオンイヤーにしては比較的良い。側圧はやや強め。3時間以上の連続使用は辛いかも。
・イヤーパッドの素材はラムスキンイヤパッド。レギュラー機種「ATH-ESW9」と同じ。
・重量は約160g(ケーブル除く)。
・ヘッドバンドの長さは10段階の調整が可能。長さの余裕は少ない。私は9段階目まで広げて使用。
・音漏れはややあるがヘッドホンとしては平均的~少し少なめ。電車・バスなら問題なく使える。
・遮音性はヘッドホンとしてはやや低め。
・触り心地の良い人工革製ポーチが付属。これも「ATH-ESW9」と共通のはず。
・音場は狭い。全体的に近くに集まる。ただし、何故か抜けは良いように感じる。
・音量は少し取りづらい。iPodなら最大音量の7割程度で十分。
・ハウジングは世界三大銘木であるチーク天然木の無垢削り出し。

新品価格報(レビュー掲載時点で)
・限定生産、生産終了品なので新品は見かけない。
・中古は今でも見かける。35,000円前後が相場。
・新品発売当時は40,000円~43,000円前後。

音質、音域のバランス
・音質は良い。
・音域のバランスはほぼフラット。少しだけ高音域よりか。
・高音域の量は十分。伸びはなかなか良い。少し鮮やかな傾向だが、痛さはほぼ無い。
・中音域の量も十分。位置は近く、埋もれる印象は全く無い。明るく綺麗な音色。
・低音域の量も十分。位置は少し遠い事も。柔らかい音色が特徴的。重低音も柔らかい音色。
・全体的にバランスは良い。どちらかと言えばマイルド・柔らかい音色で鋭い印象は無い。
・「ATH-ESW9」の音質を良くして、よりフラット傾向にしたような音色。
・少し鮮やかな高音域、軽やかで綺麗な中音域、柔らかい音色の低音域と、各音域に特色があるのは面白い。
・用途は音楽鑑賞向き。モニター用途で使う人はいないと思うが。
・ボーカルは男女ともなかなか得意。少し奥から、また後ろから聞こえる。
・サ行の痛さは無い。
・ポタアン(Fiio E12)を使うと全く別のヘッドホンに変身。音が引き締まってクッキリする。特にボーカルは別物となる。

音質☆☆☆☆★(☆☆☆☆☆でも良かったかも)

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆★


オススメ度☆☆☆☆☆
・音質は良い。バランスはフラット傾向。
・全体的にバランスが良い。柔らかい音色が特徴的で刺さりや痛さとは無縁。
・音場は全体的に近く狭い。
・装着感はオンイヤーにしては中々良い。側圧はやや強め。
・音漏れはややある。遮音性はヘッドホンとしては少し低め。
・ボーカルは男女ともに中々得意。少し奥から聞こえ、後方から聞こえる。
・デザインは良い。
・ポタアンを使うと別物に。ボーカルが大きく変わる。
・限定生産で生産終了。

スペック
・型式:密閉ダイナミック型
・ドライバー:42mm(ボビン巻きOFC-6Nボイスコイル、パーマロイ採用磁気回路)
・出力音圧レベル:102dB/mW
・再生周波数帯域 5~40,000Hz
・最大入力:1,000mW
・インピーダンス:46Ω
・質量(コード除く):約160g
・コード:1.2m(両出し、L字型ステレオミニプラグ)
・付属品:ポーチ
ATH-ESW9LTD
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


以下、ATH-ESW9LTDのデータ表(今後、表自体を変更する可能性あり)

ATH-ESW9LTD 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニタ/ーDJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

ATH-ESW9LTD 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback