カナルワークス、EDMやヒップホップに最適なカスタムIEM「CW-L33BB」の受注生産を7月4日開始

Category: 新製品ニュース  06/19 /2015 (Fri)

カナルワークス(株)は、EDMなどのダンスミュージックやヒップホップのリスニングに最適だという重低音再生モデルのカスタムIEM「CW-L33BB」の受注生産を7月4日から開始する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンだが、直販サイト価格は110,000円(税抜・耳型採取費用別途)。
・3ウェイ5ドライバーのカスタムIEM新モデル。
・低音用に2基、中音用に2基、高音用に1基のバランスドアーマチュアドライバーを備える。

・低音用には複数の音響管とチャンバーによる新規開発の高次音響フィルターを搭載。
・これにより、ボーカル域への音のカブりを最小限に抑え、キレのある重低音を得ることに成功。

・すべてのドライバーをバランスドアーマチュア型で構成することにより、重低音でのビート再生時に起こりがちな音潰れを感じさせない高解像度の再生を可能にした。
・中域も低域同様デュアルドライバーとし、ダイナミックレンジが広くクリアな再生を実現。
・高域はシングルながら、最適な音響管設計によりワイドレンジ化を実現。

・中高域のクロスオーバーネットワーク回路には高性能オーディオ用フィルムコンデンサを使用し、電解コンデンサ、セラミックコンデンサを排除することにより、歪み感の少ないクリアな再生が楽しめる。

・感度は123dB。
・インピーダンスは18Ω。
・ケーブルはクリアとブラックを用意し、長さは127cmと162cmから選択可能。
・オプションとして、銀コート処理を施したステルスケーブルも選択可能。
・付属品として、ハードケース、ソフトケース、ワックスクリーニングツール、クリーニングクロスを同梱。

・同社のカスタムIEMは21色のカラーラインナップを用意していたが、今回、「ガラス」「アクアマリン」「サクラ」「ハニー」の4色を追加し、全25色展開に。
・フェイスプレートのカラーについても選択可能。

・CW-L33BBの発売により、これまで“クラブミュージック用”とアピールされていたCW-L31は販売終了。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback