baking S5のレビュー

Category: イヤホンレビュー  06/06 /2015 (Sat)

上海問屋にて1,200円で購入。アウトレット品です。


主な特徴
・色は「シルバー」のみ。ハウジングは特殊金属合金らしい。
・ケーブルの色は青色。左右で2本ずつケーブルを捻じっている。合流後も2本のケーブルが捻じっている。本体色は同じで、ケーブルの色が黒色のバージョンもある。
・ケーブルの形状はY字型で、長さは1.25m。癖は少し付く程度。L側途中にリモコンマイク有り。線材はOFC。
・タッチノイズは普通~少し多め。
・ケーブルは着脱出来ない。
・プラグはL字型の4極ステレオミニプラグ。
・イヤーチップはシリコン製で1サイズのみ付属。
・装着感は良い。
・装着方法は「通常通り、耳からケーブルを垂らして装着する方法」。タッチノイズが気になる場合は「耳にケーブルを沿わせる方法」でも装着可能。ただし、リモコンマイクが非常に近くなる。
・ケース類は付属しない。
・本体のデザインは比較的良い。何かに似ているが気にしないこととする。
・音漏れは少しだけある。音抜けの穴は本体上部に1つ。電車バス程度なら問題なし。
・遮音性はカナル型イヤホンとして普通。
・音量は取りやすい。iPodなら最大音量の6割程度で十分。
・音場は普通~少し広め。
・ドライバはダイナミック型と思われる。サイズは不明。

リモコンマイク機能
・L側ケーブルの途中にある。
・Apple製品は機能の一部が対応。Android製品への対応は不明。
・ボタンが3個のタイプ。
・機能は全て棒状の部分に集約されている。
・+ボタンは音量を上げる、-ボタンは音量を下げるだけのボタンと思われるが、iPod classicでは反応しなかった。
・本体から一番離れた位置のボタンを1回押すと、再生・停止( →|| ボタンと同じ)。
・本体から一番離れた位置のボタンを2回連続で押すと、次の曲へ移動( →→| ボタンと同じ)。
・本体から一番離れた位置のボタンを3回連続で押すと、曲の最初・前の曲へ移動( |←← ボタンと同じ)
・マイク用の穴は、棒状のリモコンマイク背面にある小さな穴がマイク。私は使ったことが無い。

価格情報(レビュー掲載時点で)
・日本で販売しているのは上海問屋だけと思われる。
・しかも、入荷数が少なかったのか、デザインがアレで販売を中止したのか不明であるが現在は販売していない。
・海外で購入すると20ドル前後の模様。

音質、音域のバランス(イヤーチップは付属品を使用)
・音質はまぁまぁ。
・音域のバランスはドンシャリ。
・高音域の量は十分。伸びもなかなか良い。やや刺激的で鋭い印象。
・中音域はそれなりに量感はあるが位置が遠い。
・低音域の量は多め。分厚い音色が特徴的。重低音がボコボコと湧いてくるような音色。こちらも厚みのある音色で嫌味は無い
・全体的にドンシャリで分かりやすい音色。刺激的で中音域はやや遠め。情報量も少し多めだと思う。
・音質の良い機種では無いが、聞いていて中々面白い機種である。
・ボーカルは男女ともに中々良い。やや奥から聞こえるが、高さは目の位置なので聞き取りはしやすい。
・サ行は少し痛い。
・ポタアン(Fiio E12)を使うと、全体的にクッキリ・どっしりした印象になる。また、ボーカルが非常に近くなる。ポタアンの有無でかなり差があるように思える。

音質☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆


オススメ度☆☆☆☆
・音質はほどほど。
・分厚い低音域と刺激的な高音域が特徴的。中音域はやや奥から聞こえる。
・ボーカルは中々良い。こちらも奥から聞こえる。
・音漏れは比較的少なめで、遮音性はカナル型としては普通。
・サ行の痛さは少しある。
・ポタアンの有無でかなり差があるように思える。特にボーカルは差が大きい。
・付属品はイヤーチップ1サイズだけと、極端に少ないのは残念。

スペック
・型式:カナル型
・ドライバ:ダイナミック型と思われる
・ドライバ口径:不明
・再生周波数帯域:20Hz~20,000Hz
・インピーダンス:16Ω
・感度:109db/1mw(箱に記載あり。メーカーサイトに記載なし)←ちなみに箱にはインピーダンス25Ωと書いてあるので、かなり適当と思われる。
・コード:1.25m(Y字型、L字型4極ステレオミニプラグ、L側にリモコンマイク付)
・付属品:シリコンイヤーピース(1サイズ)
baking s5
メーカーサイトはこちら(中国語)。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


以下、baking S5のデータ表(今後、表自体を変更する可能性あり)

baking S5 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニタ/ーDJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

baking S5 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。


Comments (2) | Trackbacks (0) | TOP

Comment

やってくれそうな見た目で購入しましたが、まさしくこんな音ですね。やはりデザインがアレなんで、おおっぴらに出来なかったのかと勘ぐってしまいます。

Posted at 12:25:59 2015/06/07 by NOREPAN

Comment

NOREPAN様
コメントありがとうございます。

輸入してみて販売しようとしたらデザインがアレだった、というのが正式販売できなかった、というのが理由でしょうね。

Posted at 00:41:30 2015/06/08 by H.A

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback