AKG K501のレビュー

Category: ヘッドホンレビュー  08/09 /2007 (Thu)

フジヤエービックにて6,000円で購入。ジャンク品です。
既に生産終了。新品は23,000円前後で発売。
主な特徴
・色は黒1色。
・コードは片出しで3m。プラグはストレートタイプ。丈夫そうなコード。
・折りたたみ機構はなし。コードも長いが、開放型のため外で使用することは無い。
・ポーチやケースは付属していない?(ジャンク品しか持って無いので不明。メーカーサイトにも記載無し)。
・耳をすっぽりと覆う布製イヤーカップは好印象。側圧もそれほど強くなく、装着感は非常に良い(ジャンク品だから?)。
・音漏れは開放型のため、流れている音楽が良く分かる。遮音性もゼロ。
・音場感は上下左右方向いずれもやや広い。
・ヘッドバンドの長さは、少し余裕がある。
・音量はiPodなら最大音量の8割は必要。音量が出にくい機種(iPod nanoなど)では注意。
・デザインいかにも開放型という感じ。私は好きなデザインである。外で使用することは無いので気にならないが。


音質、音域のバランス
・音質はかなり良い。さすがと言う感じがする。
・非常に伸びのある高音域が特長。こういった傾向であると同時に開放型であることも伸びのよさに一躍買っている。
・中音域も高音域ほどでは無いが、質の高い音を出している。
・低音域は量こそ少なめだが、しっかりとした音を出している。迫力が無いとも言える。
・巷で言われているとおりクラシック向け。私の場合はサウンドトラックのお供。
・何となく「ER-4S」に近い。密閉型の分、「ER-4S」の方が低音域の量は少し多め。

音質☆☆☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆
低音域☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆☆
・この評価は6,000円での評価。23,000円なら☆☆☆☆。
・音質はかなり良い。クラシック向け。
・低音域が必要な曲には向かない。
・(いないと思うが)外では使わないように。

スペック
・タイプ:オープンエアーダイナミックタイプ
・周波数特性:16Hz~30kHz
・感度:94dB/mW
・インピーダンス:120Ω
・ケーブル長さ:3m(片出しストレートプラグ)
・重量:235g
K501

メーカーサイトはこちら
☆印の評価についてはこちらで説明します。


Comments (0) | Trackbacks (1) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事へのTrackback

AKG / K171S ヘッドフォン
密閉型のモニタリング向けヘッドフォン。しっかりと頭にフィットし、付け心地抜群!サウンドも素直でモニタリング用としてお薦めです!!スーパーオーラル・クローズバック(耳に乗せるタイプ)のK171Sは、タイトなサウンドと高いSPL(K271Sより3dB高い)が特徴で、ボーカル

2007.08.12 (Sun) | ヘッドホンの感想