PhilipsのプロDJヘッドフォン「A3-PRO」などを5月下旬発売

Category: 新製品ニュース  05/13 /2015 (Wed)

オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、PhilipsのDJヘッドフォン新モデルとして、オランダのDJ、Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)と共同開発した「A3-PRO」など6モデルを5月下旬に発売する。
概要は以下の通り。

プロDJ向け「A3-PRO」、「A1-PRO」
・店頭予想価格(税込)は「A3-PRO」が29,000円前後、「A1-PRO」が18,000円前後。
・いずれも、DJの世界ランキング「DJ Mag TOP100 DJs」の頂点に5回選ばれたアーミン・ヴァン・ブーレンと、“ゴールデンイヤー”と呼ばれるフィリップスのサウンドエンジニアの共同開発により製品化したプロフェッショナルDJ向けヘッドフォン。
・両機種とも、ケーブルは左右どちらでも装着可能なロック機構付きの着脱式。
・イヤーパッドは交換可能。
・再生周波数帯域は、「A3-PRO」が12Hz~23kHz、「A1-PRO」が13Hz~23kHz。
・インピーダンスは16Ω、感度は108dBで共通。
・重量は「A3-PRO」が385g、「A1-PRO」が238g。
・付属品は1.8mのカールケーブル、6.3mmアダプタ。
・「A3-PRO」はキャリングポーチも同梱。

・上位機種の「A3-PRO」は、高精度ネオジウムドライバーを搭載した、最大入力3,000mWの50mm径のユニットを装備。
・高出力のプロ用DJ機器からの入力時も歪みの少ないサウンドを再生できる。
・また、遮音性の高い密閉型構造により、大音量のDJブースでも確実にモニタリング可能。
・ヘッドバンドには、長時間のDJプレイでも疲れにくいという、柔軟性の高いソフトシリコン素材を使用。
・ヒンジ部分は耐久性の高い構造で、コンパクトに折り畳んで持ち運べる。

・「A1-PRO」はプロDJヘッドフォンのエントリーモデル。
・高精度ネオジウムドライバ搭載の40mm径ユニットを搭載し、最大入力は2,500mW。
・遮音性の高い密閉型構造を採用。
・ヘッドバンドには、軽量でねじれや割れに強いナイロン樹脂を使っている。


DJスタイル「SHL3260」、「SHL3160」、「SHL3060」、「SHL3065」
・4機種とも、遮音性の高い密閉型構造を採用したDJスタイルヘッドフォン。
・ハウジング部をコンパクトに折り畳んで持ち運べる。

・「SHL3260」は、モニタリング使用に適した165度の回転機構を左右ハウジングに備えた、最大入力2,000mWのモデル。
・ユニットは40mmで、解像度が高く、迫力のある低音を再生できるようにチューニング。
・「低音域の多いクラブミュージックに適している」としている。
・長時間でも快適に使用できるという、80mm径のイヤーパッドを備える。
・オーディオケーブルは、12,000回の曲げ試験をクリアしている。
・重量は170g。

・「SHL3160」は、全帯域で解像度が高く、力強い低音を再生するという32mm径ユニットを搭載。
・アウトドア用DJスタイルヘッドフォン。
・ヘッドバンドのヒンジ部分とハウジングの表面にクローム調パーツを配している。
・重量は138g。

・「SHL3060」は最もベーシックなモデル。
・解像度が高く、力強い低音を再生するという32mm径ユニットを搭載。

・「SHL3065」は、上記の「SHL3060」に、インラインマイクを搭載したモデル。
・スマートフォンでの音楽リスニング時に、スイッチ操作で通話と音楽リスニングを切り替えられる。
・SHL3060/SHL3065の重量は125g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback