JVCケンウッド  HA-FXT200LTDのレビュー

Category: イヤホンレビュー  04/26 /2015 (Sun)

秋葉原のソフマップにて5,984円で購入。中古品です。
イヤーチップ欠品だったため、純正品を後から購入。



主な特徴
・限定生産品のはずだが、新品在庫はまだ見かける。
・色は「メタリックブラック/ゴールド」のみ。
・ケーブルの色は暗めの銀色。
・ケーブルの形状はY字型で、長さは1.2m。癖は少し付く程度。
・タッチノイズはやや多め。
・ケーブルは着脱出来ない。
・プラグはL字型のステレオミニプラグ。
・イヤーチップはシリコン製3サイズ(S,M,Lサイズ)が付属。同社のスパイラルドットイヤーピースである。
・装着感は良い。本体から見て斜めにイヤーチップが装着されている。
・装着方法は「通常通り、耳からケーブルを垂らして装着する方法」。「耳にケーブルを沿わせる方法」では難しい。
・ポーチ類は同社イヤホンの付属品としてよく使われる楕円形のセミハードケース。内側にメッシュポケットがあり使いやすい。少しサイズが小さい印象。
・本体のデザインは普通。サイズは少し大きい。
・音漏れは少しある。音抜けの穴は本体背面の細い部分に2つ。電車バス程度なら問題なし。
・遮音性はカナル型イヤホンとしては普通。
・音量は取りやすい。iPodなら最大音量の5.5割程度で十分。
・音場は少し広めだが、全体的に音が遠く、狭い部屋で少し離れた位置から聞いている印象。
・ドライバは「5.8mm径のチタンコート振動板」と「5.8mm径のカーボン振動板」を搭載するデュアルダイナミック型。

「HA-FXT100」「HA-FXT200」「HA-FXT200LTD」の違い
・ドライバは共通。
・アコースティックチューブチャンバー(空気室の容積を最適化)の搭載(「HA-FXT200/200LTD」)。
・リアーマグネットによる磁力を調整(「HA-FXT200/200LTD」)。
・高比重ハウジングを採用し、ユニットの振動ロスを低減するとともに、振動板の歪みを抑制。振幅を安定化(「HA-FXT200/200LTD」)。
・ケーブルに銀コートOFCを採用(「HA-FXT200/200LTD」)。
・編組の銀コートOFCを採用(「HA-FXT200LTD」のみ)。
・正直なところ、各機種に大きな差は無く、好みで選んで良い程度の差しか無い。「HA-FXT100」が一番良いという人も割といる。

価格情報(レビュー掲載時点で)
・最安値は11,440円。
・販売店舗によっては「HA-FXT200」より「HA-FXT200LTD」の方が安い事もあった。

音質、音域のバランス(イヤーチップはレッド&クリアのMサイズを使用)
・音質は良い。
・音域のバランスはフラット傾向。厳しく見ると少しだけドンシャリ。
・高音域の量は十分。伸びはなかなか良い。鮮やかで、かなり刺激的。
・中音域は綺麗で少し派手さのある音色。力強さはあまり無い。
・低音域の量は十分。綺麗な音色という表現は正しいのか。重低音の量感が少し多く、厚みがある。
・全体的に綺麗で鮮やかな高音域を中心に、クッキリとした音色。比較的バランスは取れている。
・高音域が良いというレビューが多いが、個人的にこの機種の長所は重低音かボーカルのような気がする。
・先に書いたが、全体的に音が少し遠く、狭い部屋で少し離れた位置から聞いている印象。好みが大きく分かれそうな聞こえ方。
・ボーカルは男女ともに得意。
・サ行はやや痛い。
・ポタアン(Fiio E12)を使うと、更にクッキリとした音色になる。また、音が非常に近くなる。なお、ホワイトノイズをかなり拾う。
・家で聞くには、やや聞き疲れするので外での使用に向くイヤホン。


音質☆☆☆☆(☆☆☆☆★に近い)

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆


オススメ度☆☆☆☆★
・2014年11月発売の限定生産品であるが、まだ買える。
・音質が良いが、鋭さや鮮やかさでそう感じるのかもしれない。
・音域のバランスはなかなか良い。
・ボーカルは得意。
・音漏れは比較的少なめで、遮音性は普通。
・サ行はやや痛い。
・全体的に遠い音場は独特。ポタアンの有無で空間表現の差が大きく変わる。
・外で使うには、個人的に割とお気に入りの機種です。
・家で使うには聞き疲れする機種。

スペック
・型式:ダイナミック型
・再生周波数帯域:6Hz~26,000Hz
・出力音圧レベル:105dB/1mW
・最大許容入力:150mW(IEC( 国際電気標準会議)規格 )
・インピーダンス:12Ω
・ケーブル:1.2m (Y型、編組銀コートOFC、金メッキL型ステレオミニプラグ)
・付属品:イヤーピース (S、M、L各2個)、キャリングケース、クリップ
・質量:約6.9g(コード含まず)
HA-FXT200LTD
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


以下、HA-FXT200LTDのデータ表(今後、表自体を変更する可能性あり)

HA-FXT200LTD 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニタ/ーDJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

HA-FXT200LTD 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback