ソニー、約2万円のNC+Bluetoothヘッドフォン「MDR-ZX770BN」などを4月24日発売

Category: 新製品ニュース  04/01 /2015 (Wed)

ソニーは、Bluetoothとノイズキャンセル(NC)に対応したヘッドフォン「MDR-ZX770BN」と、Bluetoothのみの「MDR-ZX330BT」を4月24日より発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は「MDR-ZX770BN」が21,000円前後、「MDR-ZX330BT」が1万円前後。

「MDR-ZX770BN」
・カラーは、ブルーとブラックの2色。
・40mm径のネオジウムマグネット採用ドライバや、クリアな低音を実現するビートレスポンスコントロールなどの特徴は「MDR-ZX770」と同等だが、ノイズキャンセルやBluetooth機能を追加。
・独自のデジタルノイズキャンセル(DNC)エンジンにより、電車や航空機の走行音やエンジンノイズなどを大幅に低減。
・自動的にNCモードを切り替えるAIノイズキャンセル機能も備える。
・「MDR-ZX770」で新採用したアラウンドイヤースタイルにより、ハウジングやイヤーパッドによる遮音性も改善。NCをより効果的に活用できる。
・Bluetoothは、ワイヤレス音楽再生だけでなく、内蔵マイクによるハンズフリー通話にも対応。
・音声コーデックは、SBCとAACに加え、高音質/低遅延なaptXにも対応。
・ただし、ソニーが提案する新高音質コーデック「LDAC」には対応しない。
・NFCも内蔵しており、NFC対応スマートフォンなどとワンタッチでペアリングできる。
・ノイズキャンセルとBluetoothの同時利用も可能で、その場合のバッテリ持続時間は最大13時間。
・Bluetoothのみの場合は最大19時間駆動。
・NCのみでは最大24時間駆動。
・付属のケーブルを使った有線接続にも対応。バッテリが切れた場合は通常のヘッドフォンとしても利用可能。
・有線接続時の再生周波数帯域は8Hz~22KHz。
・ケーブル長は1.2m。
・充電は本体のマイクロUSB端子で行ない、充電時間は約2.5時間。
・本体にはNCのON/OFFボタンや、ボリューム、再生/停止などの操作ボタンも装備。
・重量は約245g。

「MDR-ZX330BT」
・オンイヤー型Bluetoothヘッドセット。
・30mm径のドライバッユニットを搭載。
・折りたたみも可能。
・Bluetooth Ver.3.0に対応し、マイクも内蔵。
・ワイヤレス音楽再生のほか、ハンズフリー通話にも対応する。
・コーデックはSBCのほか、AACに対応。
・NFCによるワンタッチペアリングも可能。
・本体にはジョグスイッチを装備し、再生/停止や、音量操作などが行なえる。
・充電時間は約4時間、連続再生時間は約30時間。
・重量は約150g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback