ソニー、新デザイン/カラーの密閉型ヘッドフォン「MDR-ZX770/660」を4月24日発売

Category: 新製品ニュース  04/01 /2015 (Wed)

ソニーは、密閉型ヘッドフォンZXシリーズの新モデルとしてアラウンドイヤー型の「MDR-ZX770」と、オンイヤー型の「MDR-ZX660」を4月24日より発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は「MDR-ZX770」が1万円前後、「MDR-ZX660」が8,000円前後。
・いずれも40mm径で300kj/m3の高磁力ネオジウムマグネットドライバを採用した密閉型ヘッドフォン。

・違いは「MDR-ZX770」がアラウンドイヤー型、「MDR-ZX660」がオンイヤー型となること。
・「MDR-ZX770」は、耳をすっぽりと覆った、レザーと低反発ウレタンフォームによるイヤーパッドを採用。よりタイトな低音を伝達できる。
・また、ドライバユニットを人間の耳の角度に合わせて配置する「イヤーコンシャスデザイン」により、耳への圧迫感を減らしながら高音質化を図っている。

・従来モデル「MDR-ZX750/600」と同様にハウジング上のポートにより低域の通気抵抗をコントロールすることで、低域の過渡特性を改善し、正確なリズム再生を実現する「ビートレスポンスコントロール」を搭載。

・「MDR-ZX750/ZX600」からの変更点はハウジング形状のほか、デザインやカラーバリエーション。
・金属ヘッドバンドとスライダーの採用により、堅牢性と装着性を両立。
・さらに、ケーブルのカラーとハウジング/ヘッドバンドのアクセントカラーを一本の音の流れのように見せることで、軽やかに見えるようデザインした。

・カラーバリエーションも従来の3色から4色展開に強化。
・「MDR-ZX770」がターコイズブルー、ブリックオレンジ、ライムグリーン、グレイッシュホワイトの4色、「MDR-ZX660」はターコイズブルーとブリックオレンジ、ライムグリーン、シルキーアイボリー。

・ケーブルは片出しで、絡みにくいセレーションケーブルを採用。
・長さは1.2m。グラウンドを分けた4芯構成により、左右のセパレーションを改善し、音の拡がりと引き締まった低音を実現する。
・重量は「MDR-ZX770」が約215g、「MDR-ZX660」が約193g。
・再生周波数帯域は「MDR-ZX770/ZX660」のいずれも5Hz~25kHzで、インピーダンスも共通で40Ω。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback