Marshallブランド初のカナル型イヤフォン「MODE」とヘッドフォン「MAJOR II」を4月上旬発売

Category: 新製品ニュース  03/19 /2015 (Thu)

ザウンドインダストリートウキョウは、Marshall Headphonesシリーズの新製品として、メーカー初のカナル型(耳栓型)イヤフォン「MODE」と、同モデルのイコライザ付きモデル「MODE EQ」、さらにヘッドフォン「MAJOR II」の3機種を4月上旬に発売する。
概要は以下の通り。

「MODE」「MODE EQ」
・価格は「MODE」が7,400円、「MODE EQ」が10,100円。
・「小さいながらもMarshallイズムを継承した巨大なサウンドが楽しめる」というイヤフォン。
・このモデルのために設計された9mm径のダイナミック型ユニットを搭載している。
・インピーダンスは39Ω。
・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。
・ケーブルの途中にマイクとリモコン、ボリュームコントローラーを装備。

・「MODE EQ」にはさらにイコライザ機能を追加。2つのサウンドのセットアップが選べる。
・「MODE EQ」のインピーダンスは30Ω±3。
・再生周波数帯域は20Hz~20kHz。


「MAJOR II」
・価格は16,000円。
・「MAJOR」を進化させた密閉型のヘッドフォン。
・40mm径のダイナミック型ユニットを搭載。カスタマイズされたドライバで、「より深みのある低音と洗練されたミッドレンジを実現する」という。
・ヒンジとヘッドバンドを新設計とし、頭と耳にフィットする柔軟性が向上。
・ハウジングの回転も自由度を増している。
・イヤーパッドには「スーパー・ソフト・イヤークッション」を採用。
・ケーブルにはマイクとリモコンを装備。「ダブルエンドコイルコード」となっており、着脱も可能で、。入力端子はステレオミニ。
・インピーダンスは64Ω。
・再生周波数帯域は10Hz~20kHz。

カナル型イヤホンは少し興味があります。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback