Mad Catz、バーチャルサラウンド/aptX Low Latency対応のBluetoothヘッドフォンを3月20日発売

Category: 新製品ニュース  03/19 /2015 (Thu)

マッドキャッツ(Mad Catz)は、バーチャルサラウンド機能を備え、低遅延のaptX Low Latencyに対応したBluetoothヘッドフォン/ヘッドセット「TRITTON Swarm(スウォーム) ワイヤレス モバイルヘッドセット」(MC-SWM-WHS-BK)を3月20日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格は14,800円。
・Bluetooth対応のスマートフォン/タブレットやパソコンとワイヤレス接続し、音楽再生が可能なヘッドセット。
・マルチポイント接続に対応し、スマートフォンの2台同時待ち受けや、タブレットなどと接続してワイヤレス音楽再生中に、別のスマホの着信に応答すること可能。
・対応プロファイルはA2DP。
・コーデックは高音質かつ低遅延のaptX(Low Latency)をサポート。対応するスマートフォンなどに接続した場合、音質の劣化や遅延の発生を抑えられる。

・映画や音楽の臨場感を向上させるというバーチャルサラウンド技術「AM3D」や、低音域を強調できる「ベースブースト」機能を搭載し、ワンタッチで効果をオン/オフに切り替えられる。
・ハウジング内部にマイクを備え、スマホでハンズフリー通話が可能。
・付属の4極ステレオミニケーブルを使用して、Bluetoothに対応しない機種でも有線接続で音楽再生や通話ができる。
・ハウジング部分には再生/一時停止やボリューム調整、着信応答/終話などの操作を行なえるコントロールボタンを装備。

・ネオジウムマグネット使用の40mm径ドライバを搭載。
・周波数特性は20Hz~20kHz。
・インピーダンスは16Ω。
・バッテリを内蔵し、2時間の充電で最大40時間使用できる。
・充電は付属のUSBケーブルを使用。ハウジングを回転させ、フラットな状態で持ち運べる折り畳み機構を採用。
・重量は245g。

・MHL対応のAndroidスマートフォンの画面をテレビに出力できる変換ケーブル「プレイビッグ アンド チャージパック for Android」も3月20日に発売。
・MicroUSB(MHL)-HDMI変換ケーブル(11cm)のほか、HDMIケーブル(90cm)やSamsung Galaxyなどで採用される11ピン端子を5ピンのmicroUSBに変換するアダプタ、スマートフォンスタンドを同梱。
・価格は3,980円。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback