ソニー、ウォークマンAにマッチする小型ヘッドフォンアンプ「PHA-1A」を3月21日発売

Category: 新製品ニュース  02/24 /2015 (Tue)

ソニーは、デジタル接続に特化した小型のポータブルヘッドフォンアンプ「PHA-1A」を3月21日より発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は3万円前後。
・2012年に発売した初代ポータブルヘッドフォンアンプ「PHA-1」の音質を継承しながらデジタル接続に特化し、大幅に小型化した。
・ウォークマンA「NW-A10シリーズ」と組み合わせたポータブル利用を訴求していく。

・「PHA-1」から「新PHA-1A」の変更点は、新たにハイレゾ対応ウォークマンやXperiaにも対応したほか、USB入力の対応サンプリング周波数を96kHzから192kHzに拡大。
・デザインも一新して、容積で約50%の小型化、重量で約35%の軽量化を実現。
・同社のヘッドフォンアンプは、バランス接続/DSD対応の最上位「[PHA-3」、DSD対応の「PHA-2」、ポータブル向けでDSD非対応の「PHA-1A」の3製品で展開。

・入力端子はUSB×2(USB A×1とマイクロUSB×1)と、充電用のマイクロUSBを装備。
・出力端子はヘッドフォン(ステレオミニ)×1。ウォークマンやiPhone/iPad、Xperiaなどとデジタル接続し、高音質にヘッドフォン出力できる。

・DACはWolfsonのWM8740で、192kHz/24bitまで対応。
・DSDには対応しない。
・高精度なクロックジェネレータを内蔵するほか、USBアシンクロナスモードに対応し、DA変換時の時間軸精度を向上。高音質なヘッドフォン出力を可能にする。
・オペアンプICは「LME49860」を、出力段にはヘッドフォンアンプIC「TPA6120」を搭載。

・対応ヘッドフォンインピーダンスは8~600Ω。
・出力は148mW×2ch(8Ω)/80mW×2ch(32Ω)/16.4mW×2ch(300Ω)。
・周波数特性は10Hz~100kHz。
・ゲイン切り替えスイッチを装備する。

・ウォークマン用とXperia用のデジタル接続ケーブルが付属。
・なお、接続可能なウォークマンはハイレゾ対応モデルのみ。
・バッテリはマイクロUSB経由で充電し、バッテリ駆動時間は約6時間。
・別売のACアダプタ「AC-UD20」利用時には、PHA-1Aのバッテリを充電しながら、ウォークマンの充電も行なえる。

・外形寸法は62×109×18.5mm(幅×奥行き×高さ)。
・重量は145g。
・ウォークマンやスマートフォンを装着できるシリコンバンドも付属。

文章通りなら「PHA-1」は生産終了です。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback