yurbuds、“ひねりながら挿入”で抜けにくいスポーツイヤフォン19機種を2月10日発売

Category: 新製品ニュース  02/10 /2015 (Tue)

ハーマンインターナショナルは、スポーツイヤフォンブランド「yurbuds(ヤーバッズ)」の製品を本格展開。2月10日から、19モデルを販売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライス、店頭予想価格はベーシックな「INSPIRE 100」が2,880円前後、IPX5 防水の「VENTURE DURO」が7,880円など。

・トライアスロンやマラソンなどのアスリート経験者が、理想とするスポーツイヤフォンを作るために2008年に立ち上げたブランド。
・米国のスポーツイヤフォン市場で数量シェアトップを誇っている。
・2014年6月にハーマンインターナショナルに買収された。
・なお、昨年から幾つかのモデルが発売されているが、2月10日から本格展開として、モデル名も新たに改めて販売を開始する。

・ユニットは全モデルダイナミック型。
・耳から抜けにくく、長時間快適に使用できる事をコンセプトとして開発されている。
・独自の「フレックスソフト」イヤーピースをひねりながら耳に挿入することで、下向きにかかる力を耳珠と対耳珠で支え、運動中でも落下しにくくする「TWISTLOCK(ツイストロック)テクノロジー」が最大の特徴。

・インナーイヤフォンに、独自形状の柔らかなピースをかぶせたような構造。
・ピースには医療用の柔軟性のあるシリコン素材を採用。
・人間工学に基づき、耳の神経が集まる場所を避けてデザインしており、長時間のトレーニングでも快適に使用できる。
・ピースを透過して外の音も適度に聞こえるため、スポーツ中でも周囲の状況を把握しやすい。

・上位モデルでは「JBLシグネチャーサウンド」と名付け、JBLがサウンドチューニングを実施。
・イヤーピースの形状を、より高音質なリスニングができるようなものにするなど、機能性と音質の両方にこだわったモデル。

・ハウジングの背面にマグネットを装備し、収納時にハウジングをまとめられる「QUIK CLIK」機能を備えたモデルもラインナップ。
・収納時だけでなく、スポーツ中にイヤフォンを外した場合でも、首の後ろなどでマグネットで固定すれば、邪魔にならない。

詳細は記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback