Final Audio Design 自作イベントイヤホン(真鍮ハウジング・BA型ドライバ)のレビュー

Category: イヤホンレビュー  02/08 /2015 (Sun)

ヨドバシカメラ新宿西口店のイベントで作成。費用は6,980円(部材費込み)。


主な特徴
・色は真鍮色(黄金色に近い黄色・やや暗めの5円玉の色)のみ。
・個体は真鍮削り出し。
・ケーブルの色は黒色。
・ケーブルの形状はY字型で、長さは全長1.2m(分岐前約76cm、分岐後約42cm)。癖は少し付く程度。ケーブル自体がかなり細めで心配であるが、しなやかで扱いやすい。
・タッチノイズはやや多め。
・ケーブルは着脱できない。
・プラグはL字型のステレオミニプラグ。
・イヤーチップの色は黒色。
・イヤーチップはシリコン製(S/M/Lサイズ:各2個)が付属。軸の部分に凹凸がある新タイプ。
・装着感は良い。新型イヤーチップの性能は良い。
・装着方法は通常通り耳から垂らす方法。ケーブルが本体背面から直線的に出ているため「耳にケーブルを沿わせる装着方法」は難しい。
・ケース類は付属しない。イベント時に1,500円で金属ケースを別売りしている。
・本体のデザインは良い。実物は非常に小さい。ただし、使っているとドンドン緑化します。
・音漏れは少しある。背面のケーブルが出ている穴から漏れている。バス・電車程度なら問題ない。
・遮音性はカナル型イヤホンとしては少し高め。
・音量は取りやすい。iPodなら最大音量の5.5割程度で十分。
・音場は少し広め。
・ドライバはシングルBAドライバ。
・本体の真鍮は「Piano Forte VII」と同じらしい。

価格情報(レビュー掲載時点で)
・価格は6,980円で統一。ヨドバシ開催の場合は費用をレジで支払う。
・なお、このイベントがヨドバシで開催された場合、実は10%のヨドバシポイントが付く(現金支払の場合)。

作成にあたって
・紙マニュアルを見ながら、説明員と共に作成。
・はんだ付けが無いため、組み立てたら、練り消しを詰め込んだり接着剤で接着したりするだけ。
・しかし、毎回ながら接着材に手こずる。
・今回の作成では製作中に断線する人が多かった。
・完成後は本体正面のノズルにスポンジやネットを入れて音響を調整する。
・私が作成した物は黄色いスポンジを入れている。後から外したりする事も可能。


音質、音域のバランス(イヤーピースはMサイズ、黄色いスポンジで音響調整済み)
※音響調整により、音域のバランスは大きく変わるので注意。あくまで一例です。スポンジ類を入れると基本的に低音域よりになります。
・音質はなかなか良い。
・音域のバランスは中~低音域より。
・高音域の量は比較的出ている。伸びは中々良い。比較的鮮やかで痛さは抑えられている(音響調整で抑えているので)。
・中音域は落ち着いた音色。少し響くような印象がある。
・低音域の量感も十分。音響調整でかなり量を出している。重低音も十分な量。少し柔らかめな音色。
・全体的にBA型としてはバランスが良く、比較的柔らかい音色が特徴。これは真鍮と言う金属の影響が大きい。
・比較的落ち着いた音色も特徴。
・個人的には、自作イベントでベストなイヤホンだと思う。ドライバと筐体の相性が良いのかも。
・高音域を伸ばしたり、派手にしたいなら音響調整はしない方が良い。
・大した作業ではないが、自分で作ったという事で所有満足度は高い。
・ボーカルは男女ともに良い。少し派手な傾向。
・サ行の痛さは少しだけ痛い。タ行も少し痛い(音響調整で抑えている)。
・ポタアン(Fiio E12)を使うと、全体的に情報量が増加。特に高音域の情報量が増加し、バランスが非常に良くなる。

音質☆☆☆☆

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆


オススメ度☆☆☆☆☆
・音質はなかなか良い。
・バランスは中~低音域より。
・比較的柔らかい音色が特徴。サ行は少し痛い程度。
・ボーカルは男女ともに良い。
・音漏れは普通に使う分には問題ない。遮音性は少し高め。
・大した作業ではないが、自分で作ったという事で所有満足度は高い。
・音響調整で好きなように音の傾向を変更できる。
・個人的には、これまでの自作イベントの中でベストなイヤホンだと思う。ドライバと筐体の相性が良いのかも。

スペック
・型式:シングルBA型
・出力音圧レベル:不明
・再生周波数帯域:不明
・インピーダンス:不明
・最大許容入力:不明
・コード:全長1.2m(分岐前約76cm、分岐後約42cm、Y字型、L字型ステレオミニプラグ)
・質量:不明
・付属品:イヤーピース(S、M、L:各2個)、音響調整部品(スポンジやネットなど)
FAD自作イベントイヤホン(真鍮BA)
メーカーサイトはこちら(当時の開催のお知らせにリンク)。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


以下、SH-55のデータ表(今後、表自体を変更する可能性あり)

自作イベントイヤホン(真鍮ハウジング・BA型ドライバ) 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニタ/ーDJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

自作イベントイヤホン(真鍮ハウジング・BA型ドライバ) 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback