FiiO、操作ホイール搭載のDSD対応DAC/ポタアン「E17K」を2月13日発売

Category: 新製品ニュース  02/06 /2015 (Fri)

オヤイデ電気は、同社が展開するFiiOブランドから、DSD 2.8MHzに対応のUSB-DAC機能を搭載するポータブルヘッドホンアンプ「E17K」を2月13日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープン価格。実売予想価格は24,000円前後。
・従来モデル「E17」と、その廉価版である「E07K」を融合する形で開発されたというモデル。

・音声入力端子としてUSBと同軸デジタルを装備。
・USB入力経由で最大96kHz/32bit PCM、最大2.8MHz DSDに対応。
・なお、DSDファイルについてはASIOドライバー経由によるWindows接続時のみ対応。
・また、「Lightning - USBカメラアダプタ」を使用することにより、iPhone/iPadとのデジタル接続も可能。

・1系統で入力と出力を兼ねるライン入出力端子も装備。
・AUXモードでライン入力となり、それ以外のモードでは自動でライン出力に切り替えを行う。

・内部のDACには「PCM5102」、オペアンプには「OPA1642」「LMH6643」を採用。

・操作部にはシリーズ初のスクロールホイールを搭載。
・TREBLE/BASSそれぞれ10段階の調整機能を装備し、スムーズな操作性を目指した。

・左右L/Rのバランスを調整できる機能や、ユーザーが指定できるスタートアップのボリュームメモリー、大音量から耳を守るボリューム・リミッターなどを備える。
・最大90分まで10分刻みで設定できるスリープタイマー機能も搭載。

・USB経由での本体充電に対応。約220分でフル充電し、約15時間以上の連続駆動が行える。

・本機の出力は160mW(16Ω)/200mW (32Ω)/60mW (300Ω)。
・SN比は105dB以下(ヘッドホン)/106 dB以下(AUX IN 12 dB)/113 dB以下(AUX IN 0 dB/6 dB)。
・歪み率は0.005%以下。
・適応インピーダンスは16Ω~300Ω。

・本体サイズは104.1W×62.2H×12.8Dmm。
・質量は110g。

・そのほか、同ブランドからはハイレゾプレーヤー「X1」専用のアンプスタッキングキットも同日に発売。
・価格はオープン価格。実売予想価格は500円前後。
・フレームをX1のフロントパネルに装着し、突起した部分にラバーバンドを引っ掛けることでアンプを取り付けられるようになる。
・製品には、放熱用にX1 本体またはアンプの表面取り付け用のラバースペーサーが6個付属。

画像などは記事で


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback