SkullCandy CRUSHER(クラッシャー)のレビュー

Category: ヘッドホンレビュー  01/25 /2015 (Sun)

じゃんぱら中野店にてレッドを4,980円で購入。未使用中古品。


主な特徴
・色は5色。発売当初は「ブラック」「レッド」「ホワイト」の3色。後から販売された色は「ライトグリーン」「グラフィカルフローラル(花柄をイメージ・一つ一つ色が違う)」。
・ケーブルは片出しで、長さは公式にサイトに記載なし。実測値は全長約1.3m(リモコンマイク部分含む)でストレートケーブル。
・ケーブルの色は「本体色ライトグリーン」はホワイトとライトグリーンの縞模様。他の本体色では黒色。少し硬めで癖は付きやすい。
・ケーブルは左側からの片出しで着脱可能。ヘッドホン側とのステレオミニプラグだが、スペースが狭く、かなり細いプラグで無ければ代用できない。
・タッチノイズは少しある。
・プラグはストレート型の4極ステレオミニプラグ。
・本体の折りたたみは可能。内側にハウジングが折りたため、両手くらいの大きさになる。
・デザインは比較的シンプル。ドクロマークがポイント。「ライトグリーン」「グラフィカルフローラル」はかなり特徴的な色。
・耳への装着はアラウンドイヤー(耳覆い)。
・装着感はまぁまぁ。側圧は少し強く、イヤーパッドは少し硬め。
・イヤーパッドの素材は革製。頭頂部が触れるヘッドパッドはビニール製。
・重量は228g(ケーブル除く)。特に重さは感じない。
・ヘッドバンドの長さは7段階の調整が可能。長さの余裕は少しある。私は3段階程度で使用。
・音漏れは少しある。背面下部のメッシュ部分から漏れている。電車・バス程度なら問題ない。
・遮音性はヘッドホンとしては普通
・薄手で肌触りの良いポーチが付属。大きさも問題なし。
・音場はやや広い。
・音量はかなり取りづらい。iPodなら最大音量の8割程度で十分。
・デザイン系ヘッドホンではbeatsとSkullCandyの2強らしい。

リモコンマイク機能
・アップル製品にも対応。アンドロイドへの対応は不明。
・ボタンが1個のタイプ。
・機能は全てケーブル途中の棒状の部分に集約されている。
・ボタンを1回押すと再生・停止( →|| ボタンと同じ)。
・ボタンを2回連続で押すと次の曲へ移動( →→| ボタンと同じ)。
・ボタンを3回連続で押すと曲の最初・前の曲へ移動( |←← ボタンと同じ)
・マイク用の穴は、棒状のリモコンマイク背面にある小さな穴がマイク。私は使ったことが無い。

世界初のサブウーハー搭載
・この機種最大の特長はこの機能。
・電源は単3電池×1本。約40時間使えるとの事。
・右側ハウジング上部にあるボタンを押すとイヤーパッドが外れる。
・サブウーハー左側ハウジング後方。
・実際に使うと重低音が大幅に増量され、音源の一定以下の低音に反応してハウジングが少し震える。
・スライタ?ーを上にするほど、ハウジングの震えも重低音量も増加。
・音楽以外にも携帯ゲーム機で使っても面白そうである。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・最安値は10,930円(本体色「ブラック」「レッド」「ホワイト」)。この3色は週末特価で1万円以下になる場合もある。
・後から販売された「ライトグリーン」「グラフィカルフローラル」は14,190円が最安値。

音質、音域のバランス(サブウーハー機能は使わず)
・音質はなかなか良い。
・音域のバランスはフラット傾向。
・高音域の量は十分で伸びも中々良い。綺麗な音色で少し響く印象がある。少し派手さや痛さがある。
・中音域は比較的スッキリと軽やかな音色。やや奥から聞こえる。
・低音域の量は十分。比較的重みや音圧を感じる音色。重低音は外では控えめに感じるがサブウーハーで調整すればよい。
・全体的にスッキリ・あっさりとした音色。低音域は重みがあるが、それ以外は意外と軽やか。
・ボーカルは男女ともに得意。やや前で主張する。
・サ行の痛さは、ほぼ感じない。
・ポタアン(Fiio E12)を使うと音場が少し広くなり、全体的に滑らかに聞こえる印象。ポタアンの有無による差は少ない。

音質☆☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆
・音質はなかなか良い。意外にもバランスはフラット系。
・サブウーハー搭載で重低音量を増減出来る。ハウジングも震える。
・サブウーハーが無ければ、割と普通のヘッドホン。
・音場はやや広め。
・音漏れは少しある。遮音性は普通。
・ボーカルは結構得意。
・リケーブルは可能だがプラグ接続箇所が細く、代替ケーブル少ない。
・ポタアン使用による音の差は少ない。
・やや音量は取りづらいので注意。

スペック
・タイプ:密閉ダイナミック型
・ドライバー:40 mm + Sansation55 Driver
・感度:102dB
・インピーダンス:32Ω
・最大入力:100mW
・周波数特性:20Hz~20,000Hz
・ケーブル:実測値で全長約1.3m(左側片出し、ストレートケーブル、ステレオミニプラグ、着脱可能)
・重量:228g(ケーブル除く)
・付属品:ポーチ、単三電池
CRUSHER
メーカーサイトはこちら(プレスリリース)。
☆印の評価についてはこちらで説明します。

以下、CRUSHERのデータ表(今後、表自体を変更する可能性あり)

CRUSHER 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニタ/ーDJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

CRUSHER 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback