JH Audio、最上位イヤフォン「Layla」と「Angie」を1月21日から先行予約受付開始

Category: 新製品ニュース  01/20 /2015 (Tue)

アユートは、Astell&KernとJerry Harvey Audioのコラボレーションイヤフォン(IEM/インイヤモニター)となるTHE SIRENS SEIRES「Layla(レイラ) Universal Fit」と「Angie(アンジー) Universal Fit」の先行モニター販売を実施する。

共通
・1月21日正午より同社直販サイト「アキハバラe市場」でLaylaとAngieを各5台先行予約を受付開始。
・価格はLaylaが359,800円(税込)、Angieが159,800円(同)。
・先行モニター販売の条件として、1カ月以内にアキハバラe市場に設けた特別ページに製品レビューを投稿することも求めている。
・「Layla」と「Angie」の正式発売日は未定。

Layla
「Roxanne Universal Fit」に代わるハイエンドモデルとの位置付け。
・デレク・アンド・ドミノスの名曲の名を冠したJH Audio「The SIRENシリーズ」のフラッグシップモデル。
・低域×4、中域×4、高域×4の12ドライバを搭載。
・ロックミュージックをイメージしたギターピック型のデザインを採用。
・ボディはフルカーボンファイバー。
・手作業でバーナーで焼き付けたチタンベゼルにより、製品一つ一つの色味のニュアンスが異なる。
・周波数特性は10Hz~23kHz。
・ケーブルには、低域調整機能(Variable BASS output Adjustable Cable)を採用し、ユーザーが低域を調整可能。
・0~+13dBまでの調整が可能。
・低域を一番下げている状態で完全にフラットになる設計。
・入力感度は117dB(1mW)。
・インピーダンスは20Ω。
・ケーブルは2.5mm 4極のAK240/AK120II/AK100II用バランスケーブルと3.5mm 3極のケーブルを付属。
・イヤーチップはラバーイヤーチップ(L/M/S)と、フォームイヤーチップ(L/M/S)。
・低域調整用のスクリュードライバーも付属。

Angie
・「Angie」は低域×2、中域×2、高域×4の8ドライバ構成。
・ボディはケブラーファイバーとアルミベゼルを組み合わせ、フェイスプレートにはリアルカーボンを採用。
・ロックミュージックをイメージしたギターピック型のデザイン。
・周波数帯域は10Hz~23kHz。
・ケーブルは低域調整機能を採用し、ユーザーが0~+10dBまでの幅で低域を調整できる。
・低域を一番下げている状態で完全にフラットになる設計。
・入力感度は117dB(1mW)。
・インピーダンスは17Ω。
・ケーブルは2.5mm 4極のAK240/AK120II/AK100II用バランスケーブルと3.5mm 3極のケーブルが付属。
・イヤーチップはラバーイヤーチップ(L/M/S)と、フォームイヤーチップ(L/M/S)。
・低域調整用のスクリュードライバーも付属。

価格がスゴイです。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback