AKG、自動音場補正機能を搭載したQJシグネチャーの最上位ヘッドホン「N90Q」を発表

Category: 新製品ニュース  01/08 /2015 (Thu)

CESの期間中、ラスベガスのHard Rock Hotelでプライベートショウを開催するハーマンインターナショナルは、同社が取り扱うAKGの新フラグシップモデルとなる「N90Q」を発表した。
概要は以下の通り。

・音楽プロデューサー、クインシー・ジョーンズとのコラボ第2弾となる。
・本機には、AKGが新たに開発したヘッドホン技術「TruNote」を搭載。
・今年の夏にグローバルローンチを予定。
・価格は1,299ドルとプレミアムクラス。
・カラバリはゴールドとブラックの2色。

・「TruNote」は、ユーザーがヘッドホンを装着した状態で音場補正を行う。
・本体の測定開始ボタンを押してものの1~2秒で完了。
・独自のアルゴリズムにより、ヘッドホンリスニングの音像を頭外に定位させることで、より自然なリスニング感と立体的なサウンドイメージをつくり出す。

・これにAKGがパテントを取得した「デュアル・フォーム・イヤークッション」や「ピストンモーション・ドライバー」、さらには外部ノイズの遮音性能を高めた最新の「アクティブ・ノイズキャンセリング機能」の総体が「TruNote」。

・ケーブルは本体着脱式で、ヘッドホン側の端子形状は2.5mmミニプラグ。
・周囲にはサークル状のダイアルコントローラーを設け、右側がボリューム操作、左側がイコライザー設定が可能。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback