カナルワークス、初代カスタムイヤフォンを広帯域化した「CW-L15」を12月20日発売

Category: 新製品ニュース  12/12 /2014 (Fri)


カナルワークスは、カスタムイヤフォンの新モデルとして、バランスド・アーマチュア(BA)の2ウェイ3ドライバ搭載モデル「CW-L15」を12月20日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格は79,000円。
・耳型の採取費用が別途必要。
・完全受注生産。

・低域用×2基と高域用×1基のBAドライバで構成するカスタムイヤフォン。
・2010年よりカスタムイヤフォンの国内メーカーとして製作・販売してきた同社が、創業モデルである「CW-L11」を一から見直したモデル。
・ユニバーサル型イヤフォン上級モデルからのステップアップを想定。
・「CW-L11」に比べワイドレンジ化を図っており、ハイレゾ音源も十分に楽しめる。

・デュアルウーファにより、迫力とキレの良い低音再生を追求。
・高域はシングルながら、音響管設計の見直しによりワイドレンジ化。
・クロスオーバーネットワーク回路のオーディオ用フィルムコンデンサにより、歪み感の少ないクリアな再生を実現した。

・ケーブルは着脱式で、2ピンのコネクタで接続。
・ケーブルのコネクタ部には、耳へのフィット性を高めるメモリーワイヤーを備える。
・ケーブルは長さを127cmと162cmから、カラーをクリアとブラックから選べる。
・プラグはステレオミニだが、オプションサービスにより付属ケーブルをバランス接続対応プラグに交換することも可能。

・オプションで、音質を考慮して銀コートを施した極細の「ステルスケーブル」も用意する。
・なお、ステルスケーブルはメモリーワイヤーを内蔵しないが、耳へスムーズに掛けられるカール処理を施している。
・なお、ステルスケーブルはバランス接続には対応できない。

・本体カラーはクリアのみだが、外側のフェイスプレートの色を選択可能。
・オプションで、リアルカーボンプレートやメタルプレート、ラインストーンなどにもできるほか、オリジナルエンブレム製作や、プリントアートワークなども追加費用で可能。

・インピーダンスは20Ω
・感度は109dB。
・ハードケースとソフトケース、ワックスクリーニングツール、クリーニングクロスが付属。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback