ドスパラ、DSD 5.6MHzやPCM 384kHz対応で約2万円のUSB DAC/ヘッドフォンアンプを発売開始

Category: 新製品ニュース  11/28 /2014 (Fri)

ドスパラは、5.6MHzまでのDSDや、384kHz/32bitまでのPCMに対応するUSB DAC/ヘッドフォンアンプ「DN-11674」を11月28日に発売した。
概要は以下の通り。

・直販サイトの上海問屋限定販売。
・直販価格は19,999円(税込)。
・対応OSは、Windows Vista/7/8/8.1。

・5.6MHz(DSD 128)までのDSDや、384kHz/32bitまでのPCMに対応。
・DSDはDoP(DSD over PCM)形式に対応。ASIOドライバやWASAPI排他モードにも対応。
・DACチップはシーラスロジック「CS4392」を採用し、オペアンプは「LM4562M」を2個搭載。
・オーディオコントローラはBRAVO SA9227を採用。

・入力はUSB(タイプB)が1系統。
・ヘッドフォン出力は、本体前面にステレオミニとステレオ標準を各1系統搭載。
・背面にステレオミニのアナログ音声出力(光デジタル出力兼用)も備える。

・ヘッドフォンの対応インピーダンスは16~600Ω。
・SN比は112dB。
・全高調波歪率は0.003%。
・電源はUSBバスパワーで、必要に応じてUSB補助電源を使用する。

・外形寸法は6.7×7.8×2.8cm(幅×奥行き×高さ)。
・重量は169g。
・USBケーブル(0.9m)や、補助電源用USBケーブル(1.1m)、ステレオミニ-RCAケーブル(1.8m)などが付属。

入出力は比較的シンプルな構成ですが、2万円でここまでの機種は、なかなか見かけません。
ハイレゾ音源再生の入門用DAC・ヘッドホンアンプになりそうです。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback