Elecom EHP-CA3570のレビュー

Category: イヤホンレビュー  11/09 /2014 (Sun)

ヨドバシカメラ秋葉原店にて2,480円でレッドを購入。



主な特徴
・色は「ブラック/グリーン」「レッド/ブラック」「シルバー/ブルー/ブラック」の3色。
・ケーブルの形状はY字型。フラットケーブルで表裏で色が違う。長さは1.2m。癖は付きにくい。
・ケーブルの色は「本体色ブラック/グリーン」はブラック/グリーン、「本体色レッド/ブラック」はレッド/ブラック、「シルバー/ブルー/ブラック」はブラック/ブルー。
・タッチノイズはやや少なめ。
・ケーブルは着脱できない。
・プラグはL字型のステレオミニプラグ。
・イヤーチップの色は黒色。軸の色はそれぞれのカラーによって異なる。「本体色ブラック/グリーン」はグリーン、「本体色レッド/ブラック」はレッド、「シルバー/ブルー/ブラック」はブルー。
・イヤーチップはシリコン製(S、M、L:各2個)が付属。先端を膨らませた新設計「デプスフィットイヤーキャップ」を採用し、密閉感を向上。
・装着感は良い。人によっては本体下部の棒状の部分が顔に当たるかも。
・装着方法は通常通り「ケーブルを下に垂らす普通の方法」。「耳にケーブルを沿わせる方法」では装着は難しいし必要性も感じない。
・布製ポーチが付属。シンプルで小振りだが、付属品も含めて全て収納可能。
・本体のデザインはやや大きく見えるが耳から飛び出ない点は良い。
・音漏れは少しある。音抜けの穴はイヤーチップの近くに一つ。音量に気を付ければ図書館などでも使えるかも。
・遮音性はカナル型イヤホンとしては少し低め。
・音量は少し取りづらい。iPod Classicなら最大音量の7割程度で十分。
・音場は横方向に狭く、上下方向は普通。
・ドライバーは13.6mmのダイナミック型。
・独自設計のチャンバー(空気室)を2つ設置し、迫力の重低音を実現。
・振動板の表裏にマグネットを配置するという前置きマグネット方式を採用。ドライバーの磁束漏れを防ぎ、振動スピードを高めることで、より力強い音の表現が可能に。

価格情報(レビュー掲載時点で)
・最安値は1,789円。2,000~2,300円あたりが相場。

音質、音域のバランス(イヤーピースはMサイズを使用)
・音質はまぁまぁ。
・音域のバランスはピラミッドバランス。
・高音域の量は控えめ。基本的に負ける。単体ではやや派手な傾向。伸びはあまり無い。
・中音域は位置は近いがかなり奥まった位置から聞こえる。少し硬めな音色か。
・低音域は比較的締まりがあり量は多い。一番目立つ。
・全体的に低音域の量が多く、やや硬めの音色。
・ボーカルは男女ともにまぁまぁ。位置は近い。
・サ行は少し痛い。
・ポタアン(Fiio E12)を使うと、高音域の情報量・伸びが改善。全体的にクッキリとした音色になる。


音質☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆
中音域☆☆☆★
低音域☆☆☆☆☆


オススメ度☆☆☆★
・音質はまぁまぁ。バランスは低音域より。
・全体的にやや硬めの音色。目立つのは低音域の量。
・ボーカルは男女ともまぁまぁ。位置は近め。
・音漏れは普通に使う分には問題ない。遮音性は少し低め。

スペック
・サウンドシステム:密閉型
・装着方式:耳栓タイプ
・ドライバーユニット:ダイナミック型、13.6mm
・インピーダンス:16Ω
・音圧感度:100dB/1mW
・最大許容入力:100mW
・再生周波数帯域:10Hz~22kHz
・コード:1.2m(Y字型、フラットケーブル、L字型ステレオミニプラグ)
・質量:約6g(コード含まず)
・付属品:イヤーキャップ(S/M/L)、コードキーパー、ポーチ、保証書
・保証期間:6カ月
EHP-CA3570
メーカーサイトはこちら。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


以下、EHP-CA3570のデータ表(今後、表自体を変更する可能性あり)

EHP-CA3570 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニタ/ーDJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

EHP-CA3570 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback