molex evaldiのレビュー

Category: イヤホンレビュー  11/02 /2014 (Sun)

eイヤホンにて200円で購入。中古品です。


主な特徴
・生産終了?
・全体的な色はこげ茶色。左耳側の背面は緑色、左耳側の背面は赤色と非常にわかりやすい。
・ケーブルの色はこげ茶色。
・ケーブルの形状はY字型で、全長約1.2m。本体~ケーブル分岐後まで約36cm。ケーブル分岐直前~プラグまで約84cm。細く、しなやかで扱いやすい。
・ケーブルの癖は分岐後で少し付きやすい。
・タッチノイズは少しある。
・ケーブルは着脱出来ない。
・プラグはL字型のステレオミニプラグ。
・装着感は非常に良い。最近は数が減った、一般的な平らな形をした開放型イヤホン。
・装着方法は通常通り、「ケーブルを下に垂らす普通の方法」。「耳にケーブルを回す方法」で装着する必要性は無い。
・ケース類は付属しないはず。
・本体のデザインは普通だが、色使いは独特。個人的には良い。
・音漏れは開放型なので多め。音抜けの穴は背面に5か所、耳と接着する側に2か所。
・遮音性は低い。
・音量は取りやすい。iPodなら最大音量の5.5割程度で十分。
・音場はかなり広い。抜けが良い
・ドライバはダイナミック型。

molexについて
・final-audio-designのHPには「2007年にイヤホン及びスピーカーの開発受託、生産請負事業を業界シェア世界第2位のコネクターメーカー、日本モレックス株式会社と共に始める」とある通り、現在はファイナルのイヤホン等を製造・開発するメーカー。
・今回の「molex evaldi」は色こそ違うが、「Piano Forte II」の前期版※と同じ製品であるはず。
※「Piano Forte II」は後期版になると、音抜けの穴の数が増え、聞こえ方の違和感が減っていると記憶。

価格情報(レビュー掲載時点で)
・「molex evaldi」という名称での製品は生産終了なのか、検索してもカナル型イヤホン(別の製品)が出てくる。
・そもそも、「molex evaldi」という製品名自体が誤っている可能性もある。
・基本的に「Piano Forte II」と同じ製品なので、高い製品ではないはず。

音質、音域のバランス
・音質はまぁまぁ。
・音域のバランスは少し中~低音域より。
・高音域は鮮やか綺麗系。少し派手な傾向だが、痛さは少ない。伸びはあまり無い。
・中音域は軽やかな音色。最大の特徴は響く残響音。
・低音域は量は十分であるが、やや軽い印象。あまり下のレンジまでは出ていない印象。
・全体的には中~低音域より。残響音のある中音域が目立ち、低音域のレンジは狭いのでカマボコに聞こえるという感想も全く変ではない。
・独特でクセのある残響音は、人によって好みが大きく分かれる。サウンドトラックは聞いていて面白いかも。
・ボーカルは男女ともに歌い手に左右されやすい。表現が上手い場合と良くない場合の差が大きい。
・サ行の痛さはほぼ無い。
・ポタアン(Fiio E12)を使うと、全体的にくっきりとし、スピード感も出る。また、高音域側のレンジも広くなる。

音質☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆


オススメ度☆☆☆★
・音質はまぁあぁ。バランス自体は悪くない。
・独特の残響音は、人によって好みが大きく分かれる。
・開放型イヤホンなので、音漏れや遮音性には期待出来ない。
・「Piano Forte II」の前期版と同じ製品のはず。

スペック(基本的に不明)
・型式:ダイナミック型
・ケーブル:全長約1.2m(本体~ケーブル分岐後まで約36cm、ケーブル分岐直前~プラグまで約84cm、L字型ステレオミニプラグ)
・カラー:こげ茶色(左耳側の背面は緑色、左耳側の背面は赤色)
molex evaldi
メーカーサイト見つからず。
☆印の評価についてはこちらで説明します。

以下、molex evaldiのデータ表(今後、表自体を変更する可能性あり)

molex evaldi 主な特徴

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニタ/ーDJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

molex evaldi 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback