Unique Melody、BAドライバ×12の「MASON」など初のユニバーサルイヤフォンを10月25日発売

Category: 新製品ニュース  10/24 /2014 (Fri)

ミックスウェーブは、カスタムIEM(オーダーメイドイヤフォン)の有力メーカー「Unique Melody」が初めて手がけるユニバーサル(市販)イヤフォンを10月25日より発売する。
概要は以下の通り。


共通
・Unique Melody初となるユニバーサルモデルのイヤフォン。
・ミックスウェーブのスタッフがUnique Melodyのラボに訪れて完成させたため、元々のメーカー色とは音の傾向が異なるモデル。
・販売も日本限定となる。

「MASON(メイソン)」
・価格はオープンプライス。店頭予想価格13万円前後。
・12基のバランスド・アーマチュア(BA)ドライバを使用したフラッグシップイヤフォン。
・ドライバ配置は、Low×4、Mid×4、High×4。小型ドライバの採用し、筐体の大型化を抑えている。
・シェルは3Dプリンティングシステムにより製造。
・シェルカラーは光の当たり方によって変化し、日の当たるところでは紺鉄のような藍色、暗いところでは黒にみえるという。
・3ウェイクロスオーバーを内蔵。
・周波数特性は20Hz~20kHz。
・入力感度は110dB/1mW。
・インピーダンスは22Ω。
・ケーブルは着脱可能で、イヤフォン側のコネクタ部はUnique MelodyのカスタムIEMと同様に2ピン仕様。
・入力端子はステレオミニ。
・金属製のキャリングケースなどが付属。

「MAVERICK(マーベリック)」
・価格はオープンプライス。店頭予想価格は103,000円前後。
・1つのダイナミック型ドライバと、4つのBAドライバの5ドライバから構成されるハイブリッド型イヤフォン。
・ドライバ構成は、Low×2(ダイナミック×1、BA×1)、Mid×1、High×2。
・Unique MelodyのカスタムIMEのヒットモデル「MERIN」の開発経験を活かしたというユニバーサルモデル。
・同社初のダイナミックとBAのハイブリッド構成。
・4ウェイクロスオーバーを採用。
・シェルは3Dプリンティングシステムで製造。
・周波数特性は10Hz~19kHz。
・入力感度は111dB/1mW。
・インピーダンスは51Ω。
・ケーブルは着脱可能で、イヤフォン側のコネクタ部は2ピン仕様。
・入力端子はステレオミニ。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback