JVC、新ダイレクトップマウント構造のイヤフォン「HA-FXH30/FXH20/FXH10」を11月上旬発売

Category: 新製品ニュース  10/20 /2014 (Mon)

JVCケンウッドは、ダイレクトップマウント構造を採用したJVCブランドのイヤフォン「HA-FXH30」、「HA-FXH20」、「HA-FXH10」を11月上旬より発売する。
概要は以下の通り。

共通
・いずれも新ダイレクトトップマウント構造を採用し、高解像度サウンドと高遮音の両立を図ったダイナミック型イヤフォン。
・同社のFXDシリーズの後継機。
・同シリーズで採用していた、ノズルの先端に小型のユニットを直接固定したダイレクトトップマウントだけでなく、伝搬特性に優れたチタンコート振動板を新採用した新HDマイクロユニットやメタルキャップの追加などで、よりクリアな音質と高い遮音性を実現した。
・出力音圧レベルは各102dB/1mWで、インピーダンスはいずれも20Ω。ケーブルは長さ1.2mのOFC。
・イヤーピースはS/M/Lの3サイズが付属。

「HA-FXH30」
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は6,500円前後。
・カラーはブラックのみ。
・Hi-SPEEDマイクロHDユニットを搭載。
・入力信号への応答速度を高めるダブルマグネット構造により、ボイスコイルにかかる磁力を最適化し、クリアかつ高解像度なサウンドを実現する。
・グラスファイバー配合の高比重ハウジングやマグネット、ブラス(真鍮)を組み合わせた「トリプルシリンダー構造」を採用。
・振動ロスを低減することで、音質向上を図っている。
・また、背圧を調整するバスポートを採用し、低域再生能力を向上。
・再生周波数帯域は8Hz~26kHz。
・ケーブルからのタッチノイズを防ぐクリップが付属。
・重量は4.3g

「HA-FXH20」
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は5,000円前後。
・カラーはブラック、ゴールド、シルバーの3色
・Hi-SPEEDマイクロHDユニットを搭載。
・入力信号への応答速度を高めるダブルマグネット構造により、ボイスコイルにかかる磁力を最適化し、クリアかつ高解像度なサウンドを実現する。
・再生周波数帯域は10Hz~25kHz。
・ケーブルからのタッチノイズを防ぐクリップが付属。
・重量は4.0g

「HA-FXH10」
・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は4,000円前後。
・また、「HA-FXH10」にスマートフォン用リモコンを追加した「HA-FRH10」も11月上旬に発売する。店頭予想価格は4,500円前後。
・「HA-FXH10」のカラーはブラック、グリーン、レッド、ホワイトの4色。
・「HA-FRH10」のカラーはブラック、ホワイトの2色。
・新マイクロHDユニットを採用。
・再生周波数帯域は10Hz~24kHz。
・重量は3.8g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback