オーテク、ESS DAC/DSD対応の本格ポータブルヘッドフォンアンプ「AT-PHA100」を11月14日発売

Category: 新製品ニュース  10/16 /2014 (Thu)

オーディオテクニカは、USB DAC機能も備えた本格的なポータブルヘッドフォンアンプ「AT-PHA100」を11月14日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライス。店頭予想価格は55,000円前後。
・入力端子は、USBとステレオミニのアナログを各1系統装備。
・出力はステレオミニ×1を用意。

・USB DAC機能として、PCM 384kHz/32bit、DSD 5.6MHz(DoP)、DSD2.8MHz(Native/DoP)に対応。
・アシンクロナス伝送でジッタを抑えている。
・対応OSはWindows 7/8/8.1、Mac OS X 10.9。
・DACチップは、ESSの「ES9018K2M」を採用。
・I/V変換回路には、不要な歪を抑えて、透き通った中高域を再生するというTIのオペアンプ「LME49720」を使っている。

・ヘッドフォンアンプ回路には、パワー段に独自設計のディスクリート回路を採用。音の立ち上がりやレスポンスを向上させた。
・プリ段には、新日本無線のオペアンプ「MUSES 8832」を採用。高解像度かつ、芯のある豊かな低域を再生できる。
・最大出力レベルは100mW×2ch(16Ω)、80mW×2ch(32Ω)。
・対応ヘッドフォンインピーダンスは10Ω~300Ω。

・電源部には、3,500mAhのリチウムポリマーバッテリを採用。
・デジタル接続時で約6時間、アナログ時で約14時間の使用が可能。
・充電所要時間は約10時間。

・ボリュームノブはアルミニウム切削で、側面に配置。
・ALPS製のボリュームで、SN比を損なわずに伝送できる。
・筐体もアルミニウム製で、ラウンドフォルムを採用。
・5段階のサンプリング周波数を確認できるインジケーターも備える。

・外形寸法は77×116×27mm(幅×奥行き×高さ)。
・重量は約240g。
・ステレオミニケーブルや、プレーヤーと固定するためのラバーマット、ラバーバンドが付属。

ついにオーテクも本格的なポタアンに参入です。
画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback