パナソニック、DTS Headphone:X対応のオンイヤー型ヘッドフォンを10月17日発売

Category: 新製品ニュース  09/26 /2014 (Fri)

パナソニックは、DTS Headphone:Xに対応し、最大11.1chのサラウンドを楽しめるヘッドフォン「RP-HXS400」を10月17日に発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、店頭予想価格は4,000円前後。
・カラーはオレンジ、ブラック、ホワイト、ブルーの4色。

・「RP-HXS400」は、高磁力マグネットを採用した40mm径ドライバ搭載の密閉オンイヤー型ヘッドフォン。
・DTSによる最新サラウンド技術「DTS Headphone:X」に対応し、ステレオヘッドフォンながら、最大11.1chのサラウンドを楽しめることが特徴。
・「ヘッドフォンで聴いた音が頭の中で鳴るのではなく、自分の周りをスピーカーが取り巻いているかのように頭の外にサウンドが広がる」という。

・DTS Headphone:Xの効果を楽しむためには、専用エンコードが行なわれたコンテンツを対応アプリ「Music Live Powered by DTS Headphone:X」(無料)で再生する必要がある。
・コンテンツは別売で、アプリの対応OSは、Android 4.1以降とiOS 7.0/7.1。
・DTS Headphone:Xを利用しない場合は、通常のステレオヘッドフォンとして利用できる。

・肉厚イヤーパッドの採用により、耳にしっかりフィットして高い密閉性を確保し、アウトドアでビートの効いた躍動感あふれるサウンドを実現する。
・臨場感のあるサウンドを街中でよりカジュアルに楽しみたいというニーズに対応したデザインも特徴。
・ハウジング部分にはサーキュラーデザインを施した、光沢感のあるフラットメタルパーツを使用。
・ヘッドホンの内側にもカラーを取り入れている。

・折り畳んで持ち運びやすいスイーベル機構を採用。
・ケーブルは絡みにくいフラットタイプで、長さは約1.2m。
・プラグは24K金メッキを施したL型ステレオミニ。
・インピーダンスは32Ω。
・感度は110dB/mW。
・最大入力は1,000mW。
・再生周波数帯域は9Hz~26kHz。
・ケーブルを含む重量は約179g。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback