Bluetooth搭載のポタアン/USB DAC「Sound Blaster E3」を8月下旬発売

Category: 新製品ニュース  08/20 /2014 (Wed)

クリエイティブメディアは、Bluetooth対応のポータブルヘッドフォンアンプとしても使える、96kHz/24bit対応USBオーディオインターフェイス「Sound Blaster E3」を8月下旬より発売する。
概要は以下の通り。

・価格はオープンプライスで、直販価格は11,800円。
・対応OSは、Windows Vista/7/8/8.1とMac OS X 10.6.8以上。
・「Sound Blaster E3」は、USB接続のオーディオインターフェイスで、パソコンとのUSB接続時は96kHz/24bitまでのPCM音源に対応。
・DACのSN比は112dB。

・ポータブルヘッドフォンアンプとしても利用可能。
・ステレオミニケーブルでのアナログ接続のほか、付属のUSB On-the-Goケーブルを使用して、iOS 7以上のLightning端子を備えたiPhone/iPad/iPodとUSB接続も可能。
・USB接続時の対応機種は、iOS 7以上のiPhone 5/5s/5c、iPad Air/第4世代 iPad/iPad mini Retinaディスプレイモデル/iPad mini、第5世代 iPod touch。

・Bluetooth 2.1+EDRに準拠し、NFCを使ったBluetoothペアリングが可能。
・対応プロファイルはA2DP/AVRCP/HFPで、SCMS-Tにも対応。
・コーデックはAAC/aptX/SBCをサポート。

・出力はステレオミニのヘッドフォン出力を2系統(1つはマイク入力兼用)搭載。
・ヘッドフォンは最大600Ωまで対応。
・本体にマイクを内蔵し、パソコンでのボイスチャットや、付属の4極アナログケーブルで接続したスマートフォンでの通話も可能。

・850mAhのリチウムポリマーバッテリを内蔵。
・バッテリ駆動時の再生時間はアナログ接続時で最大約17時間、Bluetooth接続時で最大約8時間。
・充電はUSB経由。
・パソコンとの接続時はUSBバスパワーで動作する。

・パソコンのUSBオーディオとして使用する際は、バーチャルサラウンドや重低音の強化などにより、映画や音楽、ゲームなどを迫力の音声で楽しめる「SBX Pro Studioテクノロジー」や、ボイスチャット時の音質調整が行なえる「CrystalVoiceテクノロジー」を利用可能。
・Windowsでは、再生中の音声とマイク入力音声をミックスして録音できる「再生リダイレクト(ステレオミックス)機能」も使用できる。

・本体背面にクリップを備え、ポケットなどに取り付けて使用可能。
・ボリュームコントローラや曲送り/曲戻しボタン、スマホ接続時に通話/再生/一時停止などの操作が行なえるマルチファンクションボタンを搭載。
・外形寸法は約45×60.5×23mm(幅×奥行き×高さ)。
・重量は約44g。

・また、Sound Blaster Eシリーズのフラッグシップモデルとして、192kHz/24bitまでの音源対応のDACを搭載する「Sound Blaster E5」も発売予定。
・価格や発売日は未定で、詳細は後日改めて発表される。

画像などは記事で。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback