KOSS PRO/4X Plusのレビュー

Category: ヘッドホンレビュー  08/17 /2014 (Sun)

知人からの借り物です。



主な特徴
・かなり古い機種なのか日本で流通していないのか、ネット上でも情報はほぼ無い。
・色はブラック。他にも色があるかもしれない。
・ケーブルは片出しで、長さは約1mでカールケーブル。ケーブルの色は黒色。比較的細く、しなやか。癖は付きにくい。
・ケーブルは出来ない。
・タッチノイズは少しある。
・プラグはストレート型のステレオ標準プラグ。金メッキされていない。
・折りたたみ機構は無い。
・デザインは比較的良い。
・耳への装着はアラウンドイヤー(耳覆い)。
・装着感はなかなか良い。イヤーパッドはゴム(ビニール?)のような素材。おそらく同社の「MV1」と同じようなイヤーパッドと思われる。
・側圧は弱い。ただ、知人によると「ヘッドバンドは外側に広がっている」との事。これを踏まえれば、ほどほどの側圧はあると思われる。
・重量は不明(計るものが無い)。重くはない。
・ヘッドバンドの長さは段階が無いが左右で調整可能、。長さの余裕は少しある。私の場合、8割程度は広げて使用。
・音漏れは多い。本体とイヤーパッド部分はスポンジのような物で接続されており、そこから漏れている。電車の車両と車両の間のような構造。
・遮音性はやや低め。
・ケース類を含めた付属品の有無は不明。
・音場はやや狭い。
・音量は取りづらい。iPodなら最大音量の8.5割程度で十分。
・生産国は不明。
・ドライバはダイナミック型。サイズは不明。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・新品は見かけない。
・私も初めて見る機種で、そもそも日本で販売していたのかも不明。

音質、音域のバランス(ヘッドバンドが広がっているので軽く押さえつけて使用)
・音質はなかなか良い。
・音域のバランスはドンシャリ傾向。
・高音域は量が多く、伸びも比較的ある。比較的鮮やかで少し派手に感じる事も。痛いと思う事は少ない。
・中音域は位置は遠め。少し軽やかで響くような印象がある。そして響き方に癖があると思う。
・低音域は量が多く締まりがある。また重厚な印象が強い。
・全体的に比較的バランスが取れており、現在のKOSSのヘッドホンとして販売されていても不思議ではない音色。
・弱点というか、癖が中音域にあり、これを許容できるか次第で評価は大きく変わりそう。
・ボーカルは女性の方が得意。男性も悪くはないが、位置が遠い事がある。
・サ行の痛さは少しある。
・ポタアン(Fiio E12)を使うと、低音域や高音域の量が増加。全体的に締まった印象になり、スピード感も出る。

音質☆☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆★
中音域☆☆☆☆
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆★
・音質はなかなか良い。バランスはドンシャリ傾向。
・中音域付近の癖は気になる。
・音漏れは多めで、遮音性も低い。密閉型と思われるが、半開放型のつもりで使う必要あり。
・音量が取りづらい機種。
・色々調べても、英語のページしか見つからない。日本で販売されていないかも。

スペック
・型式:密閉ダイナミック型(と思われる)
・ドライバー:不明
・出力音圧レベル:不明
・再生周波数帯域:不明
・インピーダンス:不明
・重さ:不明
・ケーブル:約1m(カールコード、片出し、金メッキされていないステレオ標準プラグ)
・付属品:不明
KOSS PRO/4X Plus
メーカーサイトは見つからず。
☆印の評価についてはこちらで説明します。


以下、試験運用中の表(データはPRO/4X Plusの物)

koss pro4x plus 主な特徴

・「PRO/4X Plus」は価格や付属品が不明のため、評価しなかった。

・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニタ/ーDJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

koss pro4x plus 音の特徴

・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback