Griffin Technology WoodTones Over-The-Ear Headphonesのレビュー

Category: ヘッドホンレビュー  08/09 /2014 (Sat)

秋葉原のソフマップにて3,184円でブラックを購入。未使用中古品と思われる。
主な特徴
・色は「ホワイト」「ブラック」の2色。ここで言う色とは木の色である。
・ケーブルは片出しで、長さは約2m。ケーブルの色は本体色と同様。しなやかであるが、癖は少し付きやすい。途中にアップル製品対応のリモコンマイクがある。
・ケーブルは着脱可能。ヘッドホンとの接続はステレオミニ。接続部分はかなり細く、一般的なステレオミニケーブルの使用は難しい。
・タッチノイズは少しある。
・プラグはストレート型で4極のステレオミニプラグ。金メッキされていない。
・折りたたみ機構はハウジングが90度回転する機構。平らになるので、やや大きいが持ち運びはしやすい。
・デザインは良い。
・耳への装着はアラウンドイヤー(耳覆い)。
・装着感はなかなか良い。
・側圧は少しだけ強め。
・重量は約242g。重くはない。
・ヘッドバンドの長さはフリーアジャスト。長さの余裕は無い。私の場合でも、ほぼ最大まで広げて使用。
・音漏れはかなり少ない。
・遮音性はヘッドホンとしては高め。
・ケース類は付属しない。
・音場は比較的広い。
・音量はやや取りづらい。iPodなら最大音量の7.5割程度で十分。
・生産国は中国。箱に書いてある。
・ドライバは50mmダイナミック型。
・色によって音が違うというウワサあり。ブラック(黒木)の方が低音が出るらしい?
・ポターブル用に使うにはケーブルが長い。ヘッドホンバンドを見ても、自宅などの屋内用ヘッドホンかも。本体の大きさ的にはポータブルでも問題ない。
・スペックの割に音量は取りづらいように感じる。

リモコンマイク機能について
・アップル製品(iPod classic)では使用できた。Androidに対応しているかは不明。
・ボタンが1個のタイプ。
・1回押すと再生・停止( →|| ボタンと同じ)。
・2回連続で押すと次の曲へ移動( →→| ボタンと同じ)。
・3回押すと曲の最初・前の曲へ移動( |←← ボタンと同じ)
・マイク機能もある。私は使ったことが無い。
・マイクの位置は近く、通話しやすいと思われる。

新品価格情報(レビュー掲載時点で)
・最安値は6,830円。
・新品は取り扱う店舗が少ない。

音質、音域のバランス
・音質はなかなか良い。
・音域のバランスは弱ドンシャリ傾向。
・高音域は量が多く、伸びもなかなかある。綺麗系の音色であるが、鋭さや痛さは無い。
・中音域は位置が近く不足感は無い。少し軽やかで響くような印象はあるが、大きな癖がなく聞きやすい。
・低音域は量が多く、締まりがあり、ずっしりとした音色。
・全体的にはバランスの取れた音色。綺麗な高音域にずっしりとした重低音が両立する。
・ボーカルは男性の方が得意。女性も悪くはない。
・サ行の痛さはほぼ無い。
・ポタアン(Fiio E12)を使うと、低音域の量の増加も見られるが、特に中~高音域の鮮やかさや派手さが出てくる。聞き疲れしやすくなる。

音質☆☆☆★

音域のバランス
高音域☆☆☆☆☆
中音域☆☆☆☆★(曲によって☆☆☆☆☆でも良いかも)
低音域☆☆☆☆☆

オススメ度☆☆☆☆★
・音質はなかなか良い。バランスは弱ドンシャリ傾向。
・大きな弱点が無い点は良い。
・デザインも良い。
・音漏れはかなり少なく、遮音性も高め。
・ポーチ類が付属しないのは弱点。ケーブルもポータブル用に使うには長い。
・スペックの割に音量が取りづらい機種。

スペック
・型式:密閉ダイナミック型
・ドライバー:50mm
・出力音圧レベル:108dB/mW
・再生周波数帯域:20~20,000Hz
・インピーダンス:32Ω
・重さ:242g
・ケーブル:2.1m(着脱可能、片出し、4極ステレオミニプラグ、リモコンマイク付)
・付属品:なし
WoodTones Over-The-Ear Headphones
メーカーサイトはこちら(英語)。
☆印の評価についてはこちらで説明します。

以下、試験運用中の表(データはWoodTones Over-The-Ear Headphonesの物)


WoodTones Over-The-Ear Headphones主な特徴

 ・各項目、高い/良いとグラフの外側に表示される。
・「音場の広さ」に関しては広いほど外側に表示されるが、モニタ/ーDJなど、用途によっては狭い方が良い場合もあり、一概にグラフ外側だから良いという訳ではない。
・「遮音性の高さ」は高いほど音を遮断する。一方で、外での使用は高い方が危険である。
・「デザイン」も関しては、あくまで個人的感覚。人によって全く違うので注意。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。

WoodTones Over-The-Ear Headphones 音の特徴


・各項目、多い/良いとグラフの外側に表示される。
・「低音域の質」は締まり/硬さがあると外側に、緩い/柔らかいと内側で表示されるが、音は好み次第なので、外側だから良い訳ではない。
・各項目とも、あくまで個人的な感覚による物であり、正確とは限らない。


Comments (0) | Trackbacks (0) | TOP

CommentForm


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackback